体調絶不良

 1月の半ばころから両手指先に痺れ・感覚麻痺症状が現れる。風邪を引いて掛かった近所の医者のご託宣は頸椎から来ているようだといって ビタミン12を補給するメチコバールという薬を処方してくれる、痛み痺れが和らぐというが20日ほど服用するもほとんど効果はないというよりむしろ症状が進んでいる。シャツのボタン掛け・箸使い・筆使い・キーボード打ち…
コメント:3

続きを読むread more

3年ぶりの大腸内視鏡検査

 今日(1/29)3年ぶりに大腸内視鏡検査を受診。前夕から下剤を飲んだり食事を制限して当日はラッシュアワーの電車に乗って出かけ9時から本格的腸内洗浄の為2リットルもの下剤を飲まされ悪戦苦闘の末、12時前にスタンバイ状態になるも、検査は午後から。だがなかなか順番が回って来ずやっと始まったのが午後3時を廻った頃だった。麻酔をかけたので1時間…
コメント:0

続きを読むread more

立派な碁盤を戴く

 御主人が他界して、施設に入居するので整理したいという妻の知り合いから大層立派な碁盤を戴いた。 囲碁はもう数十年もやった事はないが、大学生2年の時、就職が決まって時間を持て余していた下宿の隣室の先輩から手ほどきを受けて、5,6級くらいの碁力には達しただろうか?社会人になって会社の仲間達と手合わせしたら全くレベルが違い、もっぱら観戦専門…
コメント:0

続きを読むread more

映画「男はつらいよ50 お帰り寅さん」特別試写会

映画「男はつらいよ」が始まったのは1969年、今年で50年となるのを記念して「男はつらいよ50 お帰り寅さん」が出来上がった。一般公開(12.27)に先立ってJR東日本大人の休日倶楽部主催の特別試写会を妻と鑑賞して来た。応募者5000人、抽選で当選したのは500人だったという。  試写会は、冒頭に山田洋次監督と落語家立川志らくによるト…
コメント:0

続きを読むread more

映画「アフガンに命の水を~ペシャワール会26年目の闘い」上映会

 "追悼 中村哲先生"と題しての第107回緊急特別 土木学会イブニングシアターに参加。12月20日(金)夕刻6時半から四谷の土木学会講堂、200名の定員をオーバーする予約申し込みがあったが途中から締め切ったというほど多くの人が集まっていた。まず1分間の黙とう、そして2011年に作成された映画「アフガンに命の水を~ペシャワール会26年目の…
コメント:0

続きを読むread more

東京五輪チケットまたもゲット出来ず

 五月の一次抽選、8月の敗者復活抽選、11月の二次抽選に申し込んだがいずれも外れて、残念ながら来年のオリンピック観戦はあきらめるしかないか!残念無念。来春以降に公式サイトでの先着順販売があるというが、人気のなかった売れ残りゲームしかないと思われるのであてにはできない。沿道でマラソン応援も札幌に会場変更になってしまって最後のチャンスもなく…
コメント:0

続きを読むread more

伊豆沼・蕪栗沼で 雁 を撮る

11.16-11.17 宮城県北部にある伊豆沼、蕪栗沼でシベリヤから飛来した雁類の朝の出立と夕刻塒入りの撮影に出かけた。 足の便の悪い所でマイカーでないとアクセスするのは絶望的故、アルパインツアー社の一泊二日の探鳥ツアーに参加、私は朝と夕刻の雁の出立、塒入りの写真を撮るのが目的だから、鳥観察が目的ではないので、フィールドスコープは持た…
コメント:0

続きを読むread more

パクチーを収穫

 9月の終わりごろ種を撒いたパクチー(英名:コリアンダー中国名:シャンツァイ・香采)が、ほぼ20cm近くに育ち今日収穫し、所用で息子宅に訪れたついでに、子供のくせに何故かこれが好きだという孫2号に持って行った。葉や茎に独特の香りがあるパクチーと出会ったのは、35年ほど前タイバンコックの屋台で立ち喰いしたクイッティアオ(コメから出来た麺)…
コメント:0

続きを読むread more

裏磐梯へ紅葉撮影行

6日(水)~8日(金)裏磐梯へ紅葉撮影に行ってきた。 オーナーが元写真家で裏磐梯の撮影適地をマイクロバスで案内してくれるペンション泊。往時からJRバスで猪苗代駅前へ(早割料金で2700円と新幹線で行くより半額!)、宿の迎えが来ていてすぐに檜原湖北方のペンションへ、そして夕刻まで檜原湖畔他で夕景撮影。翌日は5時出発で草と湯撮影いったん戻…
コメント:0

続きを読むread more

柿を収穫

 今年の我が家の柿の実は、台風19号・21号の強風のため満身創痍、柿の実は擦り傷だらけで、見栄えはよくない。しかし大きくかつ甘みも十分なのか、カラスやヒヨドリが頻繁にやって来てつつきだした。熟れすぎて地面に落ちグシャとなったのやら、まだ青みが残り硬いのやらいろいろだが、鳥たちへの分け前は残して人間様が戴く分を収穫することにした。高い枝の…
コメント:0

続きを読むread more

ワールドカップラグビー3位決定戦を観戦

 昨日(11/1)東京スタジアムでの3位決定戦ニュージーランドvsウエールズの試合を妻と観戦。新宿から飛田給までの京王線電車は通勤時のラッシュアワー並み以上の込み具合で久しぶりの立ったままの19分間の乗車。  観戦席は、バックグラウンド 中層階のゴールライン近くで前半はニュージランドのトライ&コンバージョンキックシーンがまじかで見られ…
コメント:1

続きを読むread more

残念でしたラグビー日本代表

 一次リーグ4連勝でベスト8に進出したラグビー日本代表でしたが、さすが強豪南アフリカにはフィジカル面で圧倒され1トライも得られず完敗でした。でも決勝リーグに出られただけでも素晴らしい事です。日本チームの健闘を讃えたいと思います。この日本チームの健闘のおかげで今までラグビーにあまり馴染みのなかった人々がたくさんラグビーファンになってくれた…
コメント:0

続きを読むread more

印刷博物館見学

高校クラスメイトとの10月の散歩は、文京区水道1丁目にある印刷博物館。JR飯田橋駅から徒歩20分ほどで神田川際の凸版印刷小石川ビルに到着。 このビルは凸版印刷㈱創業100年を記念して建てられたというビルでオフィス階に付属して音楽ホール・印刷博物館など公共的施設も入り、緩やかにカーブするコンコースや柔らかい曲線のガラスカーテンウオールなど…
コメント:0

続きを読むread more

最後の中学校同期会無事終了

 1987年から続けている中学校の同期会、今年で10回目、ちょうど皆が80歳を迎えるを機に今回で終了することになり、いつもの会場北区「北とぴあ」17階東武サロンで開き無事終了。第一回目は海外勤務だったので欠席した以外は私は全会参加というより参加させられた、というのは第三回目から万年クラス幹事をやらされて1995年以降24年もの間合計8回…
コメント:0

続きを読むread more

キャッシュレスでポイント還元なんてインチキだ

 今日から安倍政権念願の消費税アップ。 ところで鳴り物入りで宣伝に努めているキャッシュレス決済でのポイント還元であるが、わたし住む町の商店街ではこのシステムを実施している店は一店もない。お店にとっては、それなりの設備を追加せねばならぬし、クレジットカードの場合は売上金の2%程度の手数料をカード会社に持って行かれるなど何のメリットもない…
コメント:0

続きを読むread more

ワールドカップラグビー始まる

 待望のワールドカップラグビー日本大会が始まった。昨夜は開幕ゲームで日本チームがロシアに快勝、幸先良いスタートを切った。 日本チームの悲願ベスト8は難しいかもしれないが、これから11月2日の決勝戦まで沢山の好ゲームを楽しみたいと思う。  11月1日には3位決定戦を東京スタジアムで妻と観戦することにしている。ラグビーのルールをほとんど…
コメント:0

続きを読むread more

遂に入れ歯

 カステラ風のお菓子を口にしていた時、突然、右上奥歯がポロリっと欠け落ちた、特に硬い物を食していたわけでもないのに。一瞬お菓子の中に異物(歯)が混入していたのかと思った程予期せぬことであった、先々週土曜日のこと、10日ほど前に定期クリーニングをしたばかりなのにその時は歯医者さんも気が付かなかったらしい。休み明けに歯医者に、土台も割れてい…
コメント:0

続きを読むread more

東京オリンピックチケット追加抽選またもはずれ

 6月のチケット抽選に当選しなかった人たちを対象にしたいわゆる敗者復活抽選の結果が本日メールd知らされてきた。 今回も私と妻の二人で応募したがいずれも抽選に外れた。オリンピックの雰囲気に直接競技会場で浸りたいと思い、面倒な応募手続きにもかかわらず応募したのだが、まだ窓口販売があると言うがもう、チケットゲットは断念する。テレビで楽しむこ…
コメント:0

続きを読むread more

東京オリンピックチケット追加抽選販売に応募

 一回目の抽選に当選しなかった人達だけに対する追加抽選、敗者復活戦みたいなものに応募した。今回も私と妻の二人でそれぞれ7/31と8/3の陸上競技、抽選発表は9月11日 どちらかが当たって欲しいな! しかし相変わらず東京オリンピック2020のWebサイトは使い勝手が悪い、目的のページにスムーズに到達できない極めてUSER UNfrien…
コメント:1

続きを読むread more

映画”ひろしま”

 14日(土)のNHKテレビ「平和を願うバトン”映画ひろしま”物語」を見て、原爆投下から8年後に”ひろしま”という映画が作られていたことを初めて知った。原作は長田新が編纂した文集『原爆の子〜広島の少年少女のうったえ』(岩波書店、1951年)であるが、同じ原作を元にした作品として新藤兼人監督・脚本の『原爆の子』があるが、「ひろしま」は監督…
コメント:0

続きを読むread more

ワールドカップラグビーのチケットやっと到着

 苦心惨憺してゲットしたワールドカップラグビー三位決定戦のチケットがようやく郵送されてきた。決勝戦を見たかったのだが抽選漏れして三位決定戦を見ることにした。どのチームが来るかわからないが世界トップクラスの試合が見られることといまから11月1日を楽しみにしている。
コメント:0

続きを読むread more

今年で最後の中学同期会

 1987年から3年おきに開いてきた中学同期会は今年で最後とすることになった。海外勤務から帰国した1990年の第二回からずっとやらされてきた クラス幹事がやっとお役御免となる。今日は10月に開く最終会の案内状・返信はがき・封筒宛先シールなどの編集・印刷を一気に終える、明日か明後日郵送することにしよう。やれやれ都合30年近く続けて来た作…
コメント:0

続きを読むread more

上野不忍池の蓮の花を撮る

昨17日久しぶりの雨上がり、不忍池までチャリを駆って蓮の花を撮りに出かけた。実はこの25日(木)に写真サークルで撮影会をすることになっているので開花状況の下見を兼ねてのことである。蓮の花は、終わっているのやらこれからのやらで、全体にポツポツと散らばって咲いていて 余りパッとした状態ではなかった。一時間ばかりで引き揚げるつもりだったが、…
コメント:0

続きを読むread more

「昭和史発掘」読了

 「昭和史発掘」は松本清張のノンフィクション作品。文春文庫版全9巻・4000ページに及ぶ大作で、昨年夏ごろから床に就いてからの就寝前に読み始めたが、すぐに眠くなって一日数ページ長くても2,30ページ読むとすぐに眠くなってしまい、すべて読み終えるのに1年近くもかかってしまった。  田中義一の陸軍機密費問題(大正15年)から日本近代史の分…
コメント:0

続きを読むread more

残念 オリンピックチケットすべて抽選漏れ

 大騒ぎして申し込んだオリンピックチケットは、私と妻で手分けして開会式・陸上男子400mリレー決勝・水泳男子400mリレ決勝など、すべてはずれてしまった。  残念無念、またチケット購入の機会があり再挑戦しようとは思っているが、高額な席ばかりが残っていることになるかもしれない。そんな場合は諦めてテレビで楽しむことにしようかな!
コメント:1

続きを読むread more

銀座の穴場 GINZA SIX 屋上庭園

 高校同級生たちとの月一回の散歩、6月は銀座散歩としゃれこんだ。新橋駅前SL広場に集合して並木通りを北に向かい銀座一丁目で折り返し今度は中央通りを新橋方向へ戻るという銀座八丁往復という変わった銀ブラである。最後に寄った「銀座シックス」、以前は松坂屋のあった場所に2017年4月にオープンした銀座地区最大のショッピング&食事スポット、私は初…
コメント:0

続きを読むread more

観音竹の花が咲く

 家の裏手の狭い空間にほったらかしにしているカンノンチク、妻が花が咲いているのに気が付いて教えてくれた。カンノンチクは20~30年に一度開花するという珍しい観葉植物。10数年前になるか以前に一度咲いた記憶がある。この樹木は福を呼ぶと云われて縁起の良いヤシ科の植物だそうだ。今年はよい事があるかな?
コメント:0

続きを読むread more

鳥海山と植田を撮りに行ってきた

 前々からお天気と田植えの進み具合と自分の予定を絡めていつが最適かと思案し続けていた山形県庄内遊佐町への撮影敢行。当初は22日日日帰りの強行軍を考えたが、それだと現地で撮影に掛けられる時間は3時間ほどしか取れず、雲のかかり具合や撮影場所の選定などに時間を撮られることも考慮して、一泊に変更。すると5時半という早朝出発をせずともよい事となり…
コメント:0

続きを読むread more

須賀川の牡丹園とつつじ園

 福島県須賀川市の牡丹園とつつじ園まで出かける。郡山駅で仙台から車でやってきた妻の妹夫婦と落合い、先ずは30分ほどの須賀川牡丹園へ。花はすでに盛りを過ぎていて素敵な花写真を撮れるかもと期待していたのだがちょっぴりがっかり。でも爽やかな風を浴びて園内の四阿で女性陣お手製のお昼ご飯、デザート付きコーヒーまで出てのんびりした時間を過ごす。次い…
コメント:0

続きを読むread more

東京オリンピックチケット抽選申し込みやっと完了

 5月9日から始まったチケットの抽選申し込みは、当初は販売サイトにログインするのに数万人もの順番待ちで大混雑していたそうだが、二日後の夜にアクセスしたところ数分の待ち時間で難なくログインでき先ずは私の登録IDで開会式の一番安い席を申し込む。第二希望を含めても一人2セッションしか申し込めないので、その後妻名義でID登録して、もうそろそろア…
コメント:0

続きを読むread more

”特別展巨星松本清張”を見てきた

神奈川県立近代文学館で開催されている”特別展巨星・松本清張”を見てきた。都営地下鉄三田線から東急目黒線・横浜線経由でみなとみらい線元町中華街駅を降りて、エレベーターに乗り最上階まで一気に横浜港が眺められる丘の上に到着、そこはアメリカ山公園。外人墓地を右に見ながら横浜気象台の前を通り、港の見える丘公園を抜けて折から薔薇が満開のなか写真…
コメント:0

続きを読むread more

孫の誕生日会&カメラを孫に譲る話

 今日は孫3号の10歳の誕生日。息子の家まで出かけて端午の節句と誕生日を兼ねてのお祝い食事会。 息子夫婦が腕を振るった美味しい料理をつまみにビールとワインを戴いて楽しい時間を過ごす。  カメラに関心のある孫2号に不要となりつつあるカメラをあげることにした。ペンタックスデジタル一眼レフ初級機(APS-Cサイズ)、レンズは18-13…
コメント:0

続きを読むread more

今年初めてのプロ野球観戦

昨29日(火) 神宮球場のナイターに例の通り妻と息子の3人で広島vsヤクルト戦を見に行ってきた。曇り空で途中で霧雨がぱらつく寒い日で治りかかっていた鼻かぜがぶり返してしまった。観覧席は久しぶりの3塁側外野席で自主応援団の輪の中物凄い応援コールに浸り楽しんだ。ゲームは残念ながら7:3でカープの負け、投手陣が四球を連発して自滅、攻撃もヒット…
コメント:0

続きを読むread more

東京タワーの鯉のぼり

4月27日東京タワー玄関前に泳ぐ鯉のぼりのライトアップを撮り行ってきた。 家を出るときは程よい風が吹いたのだがいざ着いてみたら風が全くなく東京タワーの高さにちなんだ大小333匹の鯉は皆だらりと垂れ下がっていてこれには参った。そのうち風が吹くだろうと小一時間くらい粘りやっとこさ何とか様になるライトアップされた泳ぐ鯉のぼりを撮ることができ…
コメント:0

続きを読むread more

八徳の一本桜

 ヒロトラベルの少人数撮影ツアーで埼玉県飯能市「八徳(やっとこ)の一本桜」撮影に出かける。5日午後9時半に新宿を出発して、現地に着いたのが深夜12時半ごろまずは桜と星の軌跡を撮る心算であったが空の高い部分には星が出ているが山の端付は雲が掛かり「GPV」天気予報では翌朝まで雲は去りそうもないので、いったん山を下り西武秩父線吾野駅構内でトイ…
コメント:0

続きを読むread more

サクラ さくら 桜 sakura

 今春の花見 都心の桜が満開となった3/28、品川御殿山、増上寺、千鳥ヶ淵 3/31秩父清雲寺・長泉院の花見と撮影に行ってきた。飛鳥山・墨堤とともに江戸の三大花見名所と知られた品川御殿山へ妻と行ってみたが期待に反して今はホテルのおまけ日本庭園と化していてソメイヨシノは形ばかりであった。この帰りに芝増上寺に寄る、芝公園の一角にあるル・パン…
コメント:0

続きを読むread more

お豆腐屋さんの「ありがとう張り紙」

 前記の閉店したお豆腐屋さんのシャッターに贔屓のお客さんから感謝状張り紙が追加された。 私も同感!お店を続けて貰いたいのは山々なれど厳しい仕事、もう無理をさせることはできない、ゆったり余生を送ってください。
コメント:0

続きを読むread more

近所のお豆腐屋さんが閉店

 50数年前からお付き合いしている近所のお豆腐屋さん。かなり以前に奥さんを失くした後も一人で朝早くから定休日無しでお豆腐を作り続けてくれた旦那が今月初め脳梗塞で倒れた、幸い軽症でただいま入院先でリハビリ中。昨日まで店のシャッターに掲げられていた「しばらく休業」の紙が「閉店挨拶」に張り替えられてしまった。多分無理だろうとは思っていたものの…
コメント:0

続きを読むread more

日光白根山ロープウエイ山頂駅から山岳展望

 素晴らしい好天に恵まれた18日(月)、バスで丸沼高原スキー場に向かう。関越自動車を北上し高崎手前辺りに至ると車窓からは左後方に富士山~浅間山(手前に妙義・榛名)~谷川岳をはじめとする上越国境の山々~赤城山~日光連山~那須連山~筑波山までぐるりと関東平野を取り巻く山々がばっちり眺められる絶景、こんなに良く晴れた関越道を走るのは未だかつて…
コメント:0

続きを読むread more

妻がスマフォ デビュー

 妻の2台目のガラケーもバッテリーがすぐ減るなど大分おんぼろになってきたのでここらで新しい機種に替えようという気になっているところにタイミングよくdocomoからガラケー新機種への更新の誘いかけがあった。本日11時に予約した近くのDocomoショップに出かけるのに私も付き合う。なんだかんだと話をするうちにガラケーではなくスマフォを買うこ…
コメント:0

続きを読むread more

写真展開催

 地元の写真クラブの作品展を銀座一丁目富士フィルムフォトギャラリーで開催。なかなか取れない会場がキャンセルが出との連絡があり本来は本年秋の予定を繰り上げて開催。会員15人が2点ずつ出展し、いずれも力作ばかり、来場者から「今回は皆腕を上げたようだね」との声を多くいただき盛況裏に明後日無事終了予定。最終日は昔の写真仲間5人がやって来てビール…
コメント:0

続きを読むread more

尚仁沢湧水群&赤滝撮影行

昨日、Hトラベルの撮影ツアーで栃木県塩谷町・矢板市まで出かける。 当初の目的は塩谷町の山奥にある県の西荒川ダム湖(東古屋湖)の氷結した湖面撮影であったが、このところの暖冬で氷結しているわけがない、でも行ってみるかということで車を走らせるがダムの上に出た途端予想的中。10分ほどうろうろして引き上げる。仕方がない、予定変更して車で20分ほ…
コメント:0

続きを読むread more

「万引き家族」を観てきた

 一昨日、新聞の映画館案内で、カンヌ国際映画祭で何とか賞を貰ったとかで、評判になっていた「万引き家族」が有楽町スバル座で上映されているのを知り、遅ればせながら見てきた。夫婦割り引で一人1100円。  老婆(樹木希林)の年金、夫婦(リリーフランキー、安藤サクラ)共働き(といっても安倍さんが自慢する非正規雇用だが)、老婆の年金とその…
コメント:0

続きを読むread more

狭山湖から富士夕景

 今日は快晴、狭山湖まで出かけて堰堤上から富士山夕景を撮影する。電車の連絡が上手くいかず、西武球場前駅に着いたのが16時20分過ぎ、ここから目的地の村山貯水池(狭山湖)の堰堤の左岸四阿までおよそ2km、私の足では初めての場所でもあるので40分くらいはかかりそう。日没は17:09、ギリギリの時間だ。ということで目的地まで行かずに堰堤上を左…
コメント:0

続きを読むread more

たかが”風邪”されど”風邪”

 気の緩みからうたたねして風邪をひき、更に甘く見ての厳寒の地奥日光への旅行、先週初めから10日間もの風邪に苦しめられた。一時38.9℃の高熱になりインフルエンザか?と心配したが幸いノーレスポンス。だが、37度台の微熱がなかなか収まらづ日中もほとんどベッドで過ごす日が続いた。風邪でこんなにも長い日数を回復に要したことは初めてのことである。…
コメント:0

続きを読むread more

ラグビーワールドカップチケット やっとゲット!

昨晩20:19から必死になってパソコンに向かい ラグビーワールドカップのチケット ゲットに時間を費やしました。 チケットセンターオープンと同時にアクセスしたのに、既に順番待ち人数38000余、2時間たってもやっと36000人にしか減らない、しかも午前2時~翌朝5時までチケットセンターは何故だかクローズ。諦めて就寝。  今朝…
コメント:0

続きを読むread more

月面Xを撮る

 池袋ビックカメラパソコン館屋上での”月面X”を撮影する天文観測会に参加した。1/13,、月齢7.4上弦の月である。上弦の月のころ、月面の欠けぎわにアルファベットの「X」のような地形が見えることがある、この現象がが月面X。 月面Xは上弦のたびに見えるわけではなく継続時間も1時間程度と短いので、ちょうどこのタイミングで東京から月が見やすい…
コメント:0

続きを読むread more

80歳を迎えて文集作り

 我が高校クラスメイトは今から60年前卒業間際にクラス全員の文集を作り、その後2号も発刊している。 今年から来年にかけて皆が80歳になるのを期に文集第3号を作ろうとの話が以前から折に触れて出ていたのだが、キーマンが出てこなくてなかなか具体化しなかったのだが、次回クラス会幹事のK君・Aさんが是非次回クラス会(2020春)までに発刊したい…
コメント:0

続きを読むread more

部分日食見えたよ!

 今朝少し寝坊して遅い朝食を摂ろうとした時、ふと今日は部分日食が起こることを思い出し、屋上に上がって日食グラス(2012年金環食の時買い求めてもの)で南東の空高く上がった太陽を見ると、見えた見えたおよそ30%かけた太陽。ちょっと面倒だがカメラ、望遠レンズ、三脚etcをそさくさと準備して部分日食の撮影にかかる。適当な露出値をセットし少しず…
コメント:0

続きを読むread more

写真展のハシゴ鑑賞

 新年初の外出。高校級友のAさんが入選した「第14回美しい風景写真100人展」を見に六本木へ。応募8000点から選ばれた80点とプロ写真家の作品20点、合計100点の作品はさすが素晴らしい風景を切り取ったものばかり。いずれも最高の時と場所を選んで撮られた写真で体力と時間とコストをかけたものばかりで、とてもまねのできる域のものではない。 …
コメント:0

続きを読むread more