ー日本近代洋画の美ー

 昨日からの雨が上がって青空となったので,紙の博物館(北区王子)で,創立60周年を記念して開かれている「日本近代洋画の美ー紙業界コレクションー」を鑑賞してきた。

全部で26点,一般公開される機会の少ない貴重な作品ばかりだという。わたしの気に入った作品は,中川一政「紅蜀葵と梨」。ほのかな淡さのある色合いが好ましい。
石井柏亭「自龍の入江 十和田湖」,上野山清貢「鮭」,岸田劉生「冬瓜とぶどう」,安井曽太郎「白樺と焼岳」,大久保作次郎「白樺林 美ヶ原」などの前でしばし目の保養をしてきた。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック