26年振りのアンビュランス乗車

 今日は日が替わって間もなくから大変な一日が始まった。
就寝後まもなくして、”ドタン!”という音で目をさまし、眠い目をこすりながらトイレに向かうと、妻が階段下に寝転がっている頭から血を出して・・・・。「救急車呼んで~」と訴える、慌てて救急車は110だったか119だった一瞬迷う。すぐにやってきてくれた、乗り込むが脳外科と整形外科両方が関係するとのことで、両方に対応してくれる病院がなかなか見つからない。20分くらいしてやっと東大病院救急センターと決まり発車。ここならものの10分くらいで到着すると思いきや深夜一時過ぎでも車は沢山走っていて、救急車と云えどもそれほどスピードが出てない、むしろノロノロ運転しているのかと思うくらい。
 先ず止血して丹念なCT検査もしてくれて待つこと2時間ちょっと、少し白みがかった街をタクシーを走らせ帰宅。幸い10針ほど縫う外傷だけで心配した脳の損傷はないとのこと。でも今日は一日時々声かけして能機能障害が出ないかどうかをチェックして下さいと医師からの指示。19時現在異常なし、朝食、昼食は私が作ったが夕食は簡単おかずながら妻が準備して呉れている。
 今晩は0時からサッカー中継があるのだが、これを見ると明日も一日忙しい用事があるのに起きるのがつらくなりそうでTV観戦できそうもない、でもみたいなあ~

この記事へのコメント

姪ーる
2017年03月24日 09:22
 私も2010年に救急車に同乗、夫の脳内出血!受け入れ病院がなかなか決まらず1時間近く発車しなかった。細君が脳の損傷、骨折もなく、ひとまず安心しましたね。
 サッカーは日本が勝って・・よかった。