コーラスコンサートの写真撮影

 以前、末席を汚していたコーラス「ドルチェ&マルカート」の第8回コンサートが開かれ、写真係を依頼された。前回まで演奏中の撮影はホールの最後部席の後ろに三脚を立てずっと立ったまま撮影をしていたが、終わってみると演奏された曲を覚えていずほとんど聴いていないと同然の状態であった。今回は後部座席の中央に三脚を据え座ったまま撮影することとした。これならひと時撮影作業を済ませればあとはゆっくり演奏を楽しむことができるし、何よりもずっと座ったままでいられるので疲れなくて済む。ただ周りの人にはシャッター音などで少しは迷惑をかけるのではないかと危惧したが、幸い昔の仲間たちなど知った顔ばかりで許してもらえそうで安心して撮影ができた。
 最後は演奏終了後の集合写真の撮影、失敗は許されないのでちょっと緊張する作業である。後部座席での撮影中の途中からフォーカスポイントの位置が左側に寄ったまま移動させることができなくなってしまった、暗い中でカメラのあちこちのボタンを動かすうちにフォーカスロックボタンを触ってしまったらしい、想定外の事態に暗闇の中ではすんなり対処できない。仕方ない最後の集合写真撮影の際は自動焦点合わせではなくマニュアルで行うことにした、そしてRAWで撮影してホワイトバランスや明るさなど後で調整できるようにした。でも集合写真で一番気を遣うのは一部に人の顔が前の人の影に入ってしまったり目をつむっている人がいたりすること。今回は撮るまえに目視でチェックして修正した。それでもシャッターを切ったあと液晶画面でチェックすると重なっている、すぐもう一枚撮ってなんとかOKの写真となる。帰りの電車の中で今一度全画像をチェックしほぼOKなのを確認してホッ!として帰宅。明日ゆっくり整理することにしよう。

 一方、高2の孫1号は、埼玉会館大ホールで、浦和一女高マンドリン部の第56回定期演奏会に出演するという。
残念だが、前記コンサートの撮影が先約なのでこちらには行けない。妻の話によると部員80人、3種のマンドリンとフルート、ギター、コントラバスのオーケストラでとても素晴らしい演奏だったという。我が孫もきっと楽しく有意義な高校生活を送っているようだ。来年第57回定期演奏会は既に4月29日と決まっているという、こんどは必ず行こうといまから楽しみに待つことにする。

この記事へのコメント

香り水仙
2017年07月01日 00:28
今頃ですが、任されての写真は緊張するところ、本当にありがとうございました。
30人もいると、誰かがいい表情をしていても誰かは目をつぶっていたりして中々大変ですね^^;。

大人数の写真は2Lで3~4枚、数人のものは6Aを使って3~4枚になるよう、全員分を印刷しました。