義弟他界す

何年か前に胃を全摘して食が細くなりながらも元気でいた義弟が食道にも癌が転移していたことが分かり手術することになっていたのだが、肺も具合悪くなり9日急遽入院するも10日夕刻急逝した。妻はこの6年間の間に母(96歳)・父(102歳)・弟と立て続けての不幸に見舞われる。両親が長寿だったので「長寿の家系だね」と云っていたのだがちょっと早いお別れであった。でも悪いことばかりではない、この間に二人の息子が相次いでよき伴侶を得て、来春には初孫が誕生するとのこと。男の赤ちゃんだったらと自分の名前の一字をとって命名を決めて初孫を抱くまでは頑張るぞと云っていたのに大変無念であったであろう。

この記事へのコメント