映画 家族はつらいよⅢ「妻よ薔薇のように」を観てきた

 池袋メトロポリタンビル8Fにあるシネ・リーブル池袋まで出かけ妻と映画観賞。
橋爪功、吉行和子らが演じる平田家の人びとが起こす大騒動をユーモアたっぷりに描いた山田洋次監督の喜劇映画シリーズ家族はつらいよの第3弾「妻よ薔薇のように」である。熟年離婚、無縁社会を描いたパートⅠ・Ⅱに続く今回のテーマは主婦への讃歌。橋爪功、吉行和子、西村まさ彦、夏川結衣、中嶋朋子、林家正蔵、妻夫木聡、蒼井優、小林稔侍、風吹ジュンらシリーズおなじみのメンバーが顔を揃え、ちょんの間に顔を出す笑福亭鶴瓶、笹野高史ら優れた演技力を誇るベテランの面々、山田洋次監督の撮る映画は面白い。約2時間面白おかしくちょっと泣けるシーンもある楽しい時間を過ごす。
 夏川結衣演じる平田家の主婦が家出して帰った故郷の美しい風景と町並みのシーンでは信州佐久辺りではないかとすぐにピンときた、やがて「茂田井」という地名が話され納得。今から10年ほど前旧中山道街道歩きで訪れた「茂田井間の宿(もたいあいのしゅく)」である、実在の「武重酒造」も出て来たりして遠くに僅かに雪を残す浅間山を背景に江戸時代がそのまま凍結したようなし~んとした静かな佇まいの町並み、千本格子のある家、白壁の土蔵、重厚な瓦屋根が残る心和む景観を懐かしく思い出された。参照:http://himalchuli7893m2.web.fc2.com/nakasendo19.htm(中山道69次を歩く第19回望月宿~和田宿)
 


この記事へのコメント

姪ーる
2018年06月06日 11:19
 私も夫婦で観に行こう!山田洋二監督は日本の風景をよく探して撮っていて発見の楽しさを味わう・・当方、出不精で”あそこかという”思いは無しですが・・。3作目、今回もおじいのブログを見てからの映画鑑賞。
”洋次” でした。
2018年06月16日 15:06
誤字が多いコメントでおじいのブログの格調を落とすことしばしば。本日、夫婦で観てきました。”山田洋次監督”クローズアップの名前に間違いを確認!無論、映画はよかったです。西村まさ彦が妻を迎えに行き「君が必要なんだ。」というときの表情がいいね。