80歳を迎えて文集作り

 我が高校クラスメイトは今から60年前卒業間際にクラス全員の文集を作り、その後2号も発刊している。
今年から来年にかけて皆が80歳になるのを期に文集第3号を作ろうとの話が以前から折に触れて出ていたのだが、キーマンが出てこなくてなかなか具体化しなかったのだが、次回クラス会幹事のK君・Aさんが是非次回クラス会(2020春)までに発刊したいと言ってきた。そこで同窓会に対するクラス代表K君がいろいろと下働きをして、発起人6人を選んでの1回目の打ち合わせ会が昨日(1/6)開かれた。6人が長時間ワイワイと話ができる喫茶店など適当な場所がなく、悪童どもが何度も押しかけている実績のある目白の池君宅に集合することになった。
 午後1時過ぎ集合、打ち合わせはトントンと進み大体の構想・行程・作業分担・作文提出締め切りを6月末とすることなどなどが決まって終わったのが16時半頃、それから料理上手の池君が次々と旨い酒のつまみをテーブルに並べお決まりの飲み会が始まった。高校時代の話、政治の話、太平洋戦争の話、ちょっと右翼っぽいのが一人いてお決まりの奇怪なh話題をふっ掛けてくる、全員反論喧々諤々の熱弁・・・・
 池君宅を辞したのが19時半ごろ、私は都電荒川線一本で楽ちん帰宅だが、遠路 座間まで帰るAさん、終わりまで酒飲みに付き合ってくれてありがとう お疲れさんでした。

この記事へのコメント