サクラ さくら 桜 sakura

 今春の花見 都心の桜が満開となった3/28、品川御殿山、増上寺、千鳥ヶ淵 3/31秩父清雲寺・長泉院の花見と撮影に行ってきた。飛鳥山・墨堤とともに江戸の三大花見名所と知られた品川御殿山へ妻と行ってみたが期待に反して今はホテルのおまけ日本庭園と化していてソメイヨシノは形ばかりであった。この帰りに芝増上寺に寄る、芝公園の一角にあるル・パン・コティディアン芝公園店で有機栽培の小麦を使用したパン・有機野菜を使ったランチ(お値段が高いばかりでそれほど美味しいとは思わなかった)後、恵比寿へ向かう妻と別れて私は千鳥ヶ淵へ。ここは都内の五指に入る桜名所、相変わらず大勢の人で賑わっていたが満開となった桜とまだつぼみ状態とが入り混じっていて全開状態ではなかった。
 今日3/31(日)は、昼前から晴天となるとのことで、見ごろになったという秩父清雲寺の枝垂れ桜を撮影に出かけることにした。家を8時半に出て西武線で飯能乗り換え西武秩父へ秩父鉄道に乗り換え三つめ武州中川に着いたのが11時半、曇り空が続きちょっと心配だったが「正丸」トンネルへ抜けたころから青空となり気温も上がり、駅から約1.3kmで清雲寺へ。花は満開、花見客は意外とお年寄りが多いのに驚いた。2時間ばかり撮影した後、もひとつのサクラ名所だという札所29番「長泉院」へ向かう、およそ1kmほどをてくてく歩いて到着したが
サクラは門前の1本だけしか開花していないし、大体桜の木自体が少ない、あてが外れた。一休みしてから2キロほど国道を歩いて駅へ戻る。清雲寺に枝垂れは、二種類あるようで紅色の花はまだつぼみ状態、これが咲いたら更に見事で更に長い間花を楽しめることが出来ることだろう。地元の人が羨ましい。
 今年のサクラ撮影はあと一か所、6日 奥武蔵八徳の一本桜で終了予定。

 画像画像
画像画像
画像
画像

この記事へのコメント