立派な碁盤を戴く

 DSC_8563_01.JPG御主人が他界して、施設に入居するので整理したいという妻の知り合いから大層立派な碁盤を戴いた。
囲碁はもう数十年もやった事はないが、大学生2年の時、就職が決まって時間を持て余していた下宿の隣室の先輩から手ほどきを受けて、5,6級くらいの碁力には達しただろうか?社会人になって会社の仲間達と手合わせしたら全くレベルが違い、もっぱら観戦専門でそのうちしごとが忙しくなって、以来ずっとやっていない。こんな立派な本格的碁盤を貰ったからには少しはまた囲碁をやってみようかな、妻が教えてくれというがこれはあてにはならない、先ずは手始めにお正月にやって来る小4の孫3号に手ほどきしてみようかな・・・・ちょっとこの碁盤に失礼だがとりあえず五目並べからでも。

この記事へのコメント