映画「日本初の地下鉄建設」

 第99回EVENING THEATER 「日本初の地下鉄建設」を見に四谷まで出かける。  この映画は東京メトロ銀座線(上野~浅草間2.2km1927年(昭和2)12月30日開業)を施工した大倉土木(現大成建設)が作った当時の建設工事を記録した無声映画「東京地下鐡道工事及実況」をデジタルリマスターし、工法の解説や、建設に携わった技術者…
コメント:0

続きを読むread more

国立能楽堂で観能

 千駄ヶ谷にある国立能楽堂で妻と観能。 国立能楽堂での観能は私は2回目、妻は初めての経験。  席は正面席なれど少し右側に寄った位置なので舞台右手手前の柱が影となって若干見づらかったがまあまあ楽しい時間を過ごすことが出来た。出し物は狂言「音曲婿」と能・金春流「千手」。あらかじめあらすじに目を通しておいたので、座席前の解説字幕表示も見な…
コメント:0

続きを読むread more

今日は耳の日

 3月3日、ミミの日である、そこで我が耳の話。  2,3年前、落語を聴きに行った時、廻りの皆が笑っているのに何で笑っているのか分らなくて耳が遠くなったことに気付き以後落語会には足遠くなってしまっているが、近ごろいろいろなシーンで難聴を自覚せざるを得ないこととなった。  ・ TVでアナウンサーの声は問題無いのだが、ドラマなどでは役者の…
コメント:0

続きを読むread more

春の到来告げる 福寿草

 4月並という陽気に誘われて北区立自然ふれあい情報館(十条仲原4清水坂公園内)の自然観察園で満開となったという「春の妖精」と呼ばれている福寿草を愛でに出かける。約150輪ほどが開花、落ち葉で埋まった茶色のキャンパスを鮮やかに彩っていた。これほど沢山の花がかたまって咲いているのは今まで見たことがない、見事である。花言葉は「幸せを招く」で縁…
コメント:0

続きを読むread more

かつうらビッグひな祭り

 千葉県勝浦市の「勝浦ビッグひな祭り」を見に出かける。  遠見岬(とみさき)神社の60段の石段に約1800体のひな人形が飾られた巨大な雛段。雨が降ったらどうするんだろうか?心配になってくる。(地元の人に聞いたらシートをかけるんだそうだ、なるほど!) 17時からライトアップされるというが慌ただしい日帰り旅行、残念ながらそれまで待…
コメント:0

続きを読むread more

自転車事故損害賠償保険に加入

 自転車に乗っている際に事故を起こし、加害者となった場合、たかが自転車の事故とはいえない、数千万円という重い損害賠償責任を負うケースがあるという。よく自転車を利用する私は以前から万一第三者に被害を与えた場合、大変なことになると気にしていたのだが、先日新聞でそのようなケースに陥った方たちの記事をみて「こりゃ大変だ!最低限の対策はしておかな…
コメント:0

続きを読むread more

東京タワー 五輪色ライトアップ

 今日はTVにかじりつきっぱなし、羽生・宇野のワンツー勝利に酔いしれた。 金メダルが取れたら東京タワーが五輪色ライトアップすることになっている(昼間の時間に金が決定したらその晩、夜間だったら翌日の晩)との新聞記事を読んでいたので、先日来から写真を撮りに行こうと今か今かと待ち受けていたのだがようやくそのチャンスがやって来た。  昨日と…
コメント:0

続きを読むread more

神代植物公園へ

 4月上旬並みの暖かさの中、神代植物公園へ出かける。まずはリニューアル後初めての温室へ、ただでさえ暖かいのに温室内で撮影しているうちに汗がたらたらと流れ出し下着がびしょ濡れ寸前となり早々と退散し園内を縦断して梅園へ。まだ満開とは言えないがそこそこの開花状態、30分ほど撮影してまた園内中央付近の以前福寿草が咲いていた場所をうろ覚え乍ら探し…
コメント:0

続きを読むread more

サクラソウの芽分け

 午前中、三田病院まで胃腸の漢方薬などの薬90日分を貰いに行く。帰りは駅から自宅まで歩くうちにひと汗掻かいてしまうほどの暖かさ、この暖かな日を無駄にはできない。午後は久しぶりに荒果てた庭にでて先ずはサクラソウの芽分けをすることにした。ひと冬過ごした全部で8個の鉢植えのサクラソウの芽を掘り出して同程度の大きさの芽を2~3芽植え替えする作業…
コメント:0

続きを読むread more

皆既月食バッチリ撮れた

 天気予報は曇り、夕方の空は一面の高曇りで、今晩の皆既月食は望み薄と半ば諦めていた。が6時ごろ東の空を見上げるとなんと煌々とした満月が輝いているではないか!今から六本木ヒルズやスカイツリーとツーショット出来る墨田川河畔まで出かける時間的余裕がない、そこで我が家の屋上で皆既月食撮影にチャレンジすることにした。  1月2日のスーパームーン…
コメント:0

続きを読むread more

鶴の羽が凍った

 東京都心の気温は連日氷点下。48年振りの氷点下4度まで下がりこの冬一番の厳しい冷え込みとなった25日、気合を入れて陽があがってもブルブルの街の飛び出し日比谷公園まで出かける。お目当てはつららの下がった雲間池の鶴の噴水。着いたのが9時半過ぎ、既に3,40人のカメラマンが池の周囲思い思いの場所でカメラを構えていた。池を一周しながら見事なつ…
コメント:0

続きを読むread more

久し振りに水元公園へ

 大寒の翌日なのに今日は3月下充並みの暖かさに誘われて水元公園まで出かける。バス停からの道で男女3人ずつの若い6人連れに追い抜かれる、中の二人が二眼レフを肩にかついでいる。「おっ凄いカメラをお持ちですね、二眼レフって久し振りのお目にかかりますよ!」と声をかけると、やはり写真好きのグループだった。  さて今日のお目当ては葉をすっかり落と…
コメント:0

続きを読むread more

銀座で撮影会

 秋田会の面々総勢11人で初春の銀座に出かけ今年初の撮影会。有楽町駅銀座口に10半集合新橋方向のJR高架下飲食店街をうろつき数寄屋橋方向へ進む、まず東急プラザ6Fキリコラウンジから真下の数寄屋橋交差点を行き来する歩行者や車列を撮る。撮りながら思った、「色とりどりの傘の歩行者が素敵な被写体のなるのではないかなあ!」、よし雨降りでかつ人出の…
コメント:0

続きを読むread more

六義園で貫井囃子と獅子舞

 このお正月は、天気が好い。今日はちと冷たい風が強く吹いているので躊躇したが、勝負あったの箱根駅伝TV中継をOFFし重い腰をあげて六義園まで出かける。新春恒例の伝統行事(2日は神田囃子、3日は貫井囃子)をやっているのだが、いままで一回も見たことがなかったのだが1時半からの午後の部、着いたのが13時10分ほど、もう有名な大枝垂れ桜の前にし…
コメント:0

続きを読むread more

丸の内仲通りイルミネーション

 今日は天皇誕生日、23日から来年1月7日まで皇居・正門石橋や鉄橋(二重橋)などがライトアップされているというのでさっそく写真撮影に出かけた。昼間は一般参賀があったとかで幾張りものテントや警備警官の詰め所などが残っていて昼間の喧騒ぶりが思われるもいまは2,30人ほどの人が発光ダイオードに照らされた橋や白壁の櫓の幻想的の夜景を楽しんでいた…
コメント:2

続きを読むread more

20数年ぶりの銭湯でゆず湯

 今日は冬至、ゆずの香り漂うお風呂でポッカポッカ1年の疲れを癒しましょうと入浴料100円で銭湯に入れるという行政の粋な計らいに乗り、20数年ぶりに銭湯に入って来た。昔は我が家から歩行距離200~230m位に3軒、300mほどに一軒の銭湯がありその時の気分であっちの湯こっちの湯と楽しんだものだ。その後せんとうの休業があいつだもののいまだに…
コメント:0

続きを読むread more

マルシャンギ会

 ネパールでの水力発電所工事で同じ釜の飯を喰った仲間たちが集まる毎年一回のマルシャンギ会(飲み会)が新宿東口駅前の飲み屋で開かれ参加。今回は都合が付かない人が多く参加者は7人とちょっと寂しかった。こういった会合ではいつも病気の話や誰それが亡くなったとか入院したとかって話がさいしょの話題になるのだが、そのうちもう30年近く前の話が次々と出…
コメント:1

続きを読むread more

ふたご座流星群不発

 昨日、貸し付けてくれるSONYのカメラで撮影するというふたご座流星群撮影ツアーに参加して外房海岸、いすみ市の夫婦岩での撮影。  何十枚もメクラ鉄砲を撃つように乱写してその中に一枚でも流れ星が写っているのがあればラッキーという心もとない撮影である。冷たい風が吹く中18時から20時半まで合わせて480カット撮影したが、一枚だけ放射状に流…
コメント:0

続きを読むread more

NHK学園生涯学習写真展

 今から11年ほど前、写真を始めたころ、NHK学園の通信講座を受けたことがあり、受講生と一般を対象に毎年全国規模の写真コンテストが行われている。入選作品が東京ミッドタウン富士フィルムフォトサロンの写真展に展示される。当初2回ほど応募したが、その後ご無沙汰していたが、今年どうゆう風の吹き回しか応募勧誘のチラシが入って来た。たまには付き合う…
コメント:0

続きを読むread more

「戦争まで~歴史を決めた交渉と日本の失敗~」

 東京大学文学部教授、歴史学者である加藤陽子さんが中・高校生に6回にわたって講義した内容を一冊の本にまとめた「戦争まで」朝日出版社を読み終える。奇しくも今日は12月8日日米開戦の日である。加藤さんは、世界が「日本に「どちらを選ぶのか」と問いかけた交渉事が3度あったとし世界が日本に示した選択肢のかたちと内容を、それに対する日本が対置した選…
コメント:1

続きを読むread more

大吟醸まとめ買い

 新聞広告で大吟醸酒5本で9800円というキャッチフレーズの誘惑に負けて購入。これで年末からお正月にかけてのお酒の準備ができた。妻からくれぐれも飲み過ぎに注意との厳命くだる。でも飲みたくなるようなおかずを造らないでくれよ!こちとらは意志強固にあらず!
コメント:0

続きを読むread more

富士山と星の軌跡撮影

 昨年、伊豆半島大瀬崎での富士山と星の軌跡を撮りに行った帰途にバスの中から見つけた同用写真を撮影するのに絶好の宿(宿の部屋から撮影可能と見た)に行くチャンスを狙っていたのだが、天候と月の満ち欠けの具合と宿の空きがうまくコントロール出来た24日、25日出かけてきた。  天気は絶好で星は十分に出ているが、月の入りが21時過ぎ。航空機が飛ば…
コメント:0

続きを読むread more

夜空に現れる光路を撮る

 昨日、城南島海浜公園から羽田空港を離陸する飛行機の明かりの軌跡を撮りに出かける。 お天気はまあまあ、北風びゅうびゅう、この条件では出発便は北に向かって離陸するはずだからC滑走路から飛び立つと予想して城南島海浜公園からその航跡を捉えることができるだろうと日没30分くらい前に現地着。時折離陸する飛行機の位置を確認しながらカメラをセットし…
コメント:0

続きを読むread more

義弟他界す

何年か前に胃を全摘して食が細くなりながらも元気でいた義弟が食道にも癌が転移していたことが分かり手術することになっていたのだが、肺も具合悪くなり9日急遽入院するも10日夕刻急逝した。妻はこの6年間の間に母(96歳)・父(102歳)・弟と立て続けての不幸に見舞われる。両親が長寿だったので「長寿の家系だね」と云っていたのだがちょっと早いお別れ…
コメント:0

続きを読むread more

奥多摩鳩ノ巣渓谷の秋を愛でる

 好天に誘われて鳩ノ巣渓谷を歩いて来た。青梅線鳩ノ巣駅から国道を横断して急坂を下り渓谷へ、先ず吊り橋の上から撮影開始。ネット紅葉情報では「見頃」となっていたが、紅葉が進んでいるのか遅れているのか判然とせず、まだら模様であまりパッとしない。川面まで下り撮影しながら渓谷に沿って上流へ向かう。およそ500メートル先急階段を休み休み登って白丸ダ…
コメント:0

続きを読むread more

「レイテ戦記」読了

 大岡昇平著「レイテ戦記」を読み始めたのは終戦(敗戦)記念日前後の8月半ば、毎晩寝床に入ってからの読書で少しずつしか読み進めない。何しろ文庫版上中下合わせた1300ページ余の長編大作である、昨日ようやく読み終える。呆れるほどの客観的な正確さと詳細さを追求した戦争の歴史・戦記ではあるが生き延びた軍人たちが書いた戦記などとは違って著者自身の…
コメント:1

続きを読むread more

原岡桟橋の夕景を撮る

 台風一過、この秋一番の晴天となった昨日、12時に家を出て房総半島館山の少し北にある原岡海岸へ。お目当ては、美しい夕焼けとシルエットで浮かび上がる富士山と陽暮れると裸電球がともる木製の桟橋が醸し出すレトロな情景。内房線富浦駅に着いたのがまだ日の高い1515、15分ほど歩いて海岸に出るとお目当ての原岡桟橋が現れる。今日の日没は1654、そ…
コメント:0

続きを読むread more

三越劇場で観劇

 前進座十月公演 山本周五郎原作「柳橋物語」を妻に誘われて観てきた。 柳橋芸者の話かと思っていたがそうではなく江戸下町の大工職人二人に想いを寄せられた研ぎ職人の孫娘のちょっとした行き違いや誤解による思いもよらぬ運命の変転と葛藤の物語であった。役者さんたちの熱演ぶりには拍手を送ることにやぶさかではないが、私はこの手の話はどうも好みではな…
コメント:1

続きを読むread more

写遊写真展終わる

 所属している地元写真クラブ「写遊」の作品展(10/6-12、銀座数寄屋橋)が昨日無事終了。会期はたった一週間で、当番日が2回なれど久しぶりに逢う友人たちと食事&一杯やるってことでそのほかの日も出かけて結局5日間の出勤?となった。この一週間に会社のOB会や孫たちの誕生会も重なって都合5日も外でお酒を飲み続けることになった。昨夜は打ち上げ…
コメント:1

続きを読むread more

四人まとめて誕生日会

 9.28(孫2号)、10.01(息子の嫁さん)、10.04(孫1号)、10.14(妻)と誕生日が集中した四人まとめての誕生日会を開くというので息子の家に行ってきた。  偶然だが我が家族総勢7人のうち女性4人の誕生日が9月末から10月前半に集中、残りの男性陣は息子11月、私1月、孫3号5月と単独での誕生日を祝って貰えるのに比し、女性4…
コメント:0

続きを読むread more

ピカピカのガスコンロ

 我が家に新しいガスビルトインコンロ。 一週間前頃からガスの点火が不調になる、乾電池収納スペースがさび付いていて経年劣化、全とっかえしなければならないことになった。まだ8年くらいしか使っていないのに!最近の工業製品はいろいろな電子機器が付いていて便利な機能が沢山組み込まれていて便利な反面、一か所でも具合が悪くなると修理ではなく全とっか…
コメント:0

続きを読むread more

宝永火口草紅葉

 夜行日帰りで「足柄峠より御殿場の夜景と富士山、太郎坊より富士山と星の軌跡、宝永火口の草紅葉」という欲張りな撮影ツアー(参加者8人の小規模グループツアー)に参加。  21時新宿を出るときからすでに雨がざーざー、前半の夜景と星空撮影は全く不可、ただその場所に車を止めて「ここから富士山が見えます云々」の説明だけ。午前2時過ぎ、新五合目駐車…
コメント:0

続きを読むread more

大正大学「光とことばのフェスティバル2017ひらく」

 9月22日(金)大正大学巣鴨キャンパスで、5000機を超える竹灯籠の光で初秋の夜を彩るイベントが開かれというので出かけてみた。当日は昼過ぎから雨が降ったりやんだりの生憎の天候。行くか行くまいか迷ったが夕刻5時半過ぎどんよりした黒い雲が空を覆っているが雨は止んだ。合羽を着てカメラをビニール袋にくるんで自転車で出かける。ちょうど開始時間の…
コメント:0

続きを読むread more

カープ二連覇

 マジック1になってから少し手間取ったが昨日無事リーグ優勝決定。 NHKBS1で中継放送がありたっぷり優勝決定ゲームを楽しませてもらった。大阪赴任中の息子は昨年に続いて優勝決定ゲームを2年続けて球場で観戦するという幸運に巡り逢ったと嬉しそうなメールを送って来た。 さて次は日本選手権シリーズに勝ち上がるべくCS戦が10月18日から始ま…
コメント:0

続きを読むread more

脊柱管狭窄症再検査

 7年ほど前に発症した脊柱管狭窄症に拠る右足親指~踵底部の痛みは、年々僅かずつではあるが痛みが増して来ている。当初手術をする心つもりであったが、諸種の事情で取りやめにしていたのだが、この先、車椅子生活を強いられるようになるのが心配!  そこで、脊柱管狭窄症の名医と云われる九段坂病院の中井先生に見て貰うことにした、先生の予約は2~3か月…
コメント:0

続きを読むread more

広島―ヤクルト戦を観戦

 妻と息子と3人で神宮球場で カープvsスワローズ戦を観戦。外苑前駅から球場までの道は赤シャツを着たカープフアンでぎっしり、これでは今日も勝ちに行かなければならないだろう。試合は、ホームラン3本、ピッチャーにタイムリー二塁打もでて久々の楽勝試合。8月のカープは、12勝13負2分、一方2位の阪神は16勝9敗1分でゲーム差がほぼ半減、急追を…
コメント:0

続きを読むread more

大井川源流二軒小屋へ

 25日~27日大井川源流部二軒小屋まで行ってきた。 静岡駅発9:50の夏季限定運行(8月30日まで)静鉄バス南アルプス線で井川経由およそ3時間で、畑薙第一ダム臨時駐車場へ。バスは大きなザックを担いだ登山者でほぼ満員。ここで皆さんは登山カードを記入・提出。ここから先の林道は一般車通行禁止、指定山小屋宿泊者のみ乗車できる東海フォレストマ…
コメント:0

続きを読むread more

夜行日帰り強行 開田高原撮影行

 O先生の個人撮影ツアーで開田高原(御嶽と星の軌跡・そば畑・木曽馬・滝2カ所)に行ってきた(21日~22日)。マイクロバスの狭いシートに押し込まれての夜行ツアーは高齢老人には厳しいと今まで敬遠してきたのだが深夜から夜明け前の星空撮影はマイカーという足の無い私にとってはこのようなバスツアーで連れて行ってもらうしか手段がないので思い切って参…
コメント:2

続きを読むread more

払沢の滝

 近ごろ梅雨みたいな天気が続き撮影にだ出かけるチャンスがなくうつうつとしていたところ、今日日曜日だけは雨が降らないとの予報。そこで桧原村の払沢の滝まで出かけた。  JR山手線→西武新宿線・拝島線→JR五日市線と乗り継いでさらにバスで20分ほど山奥に分け入り「払沢の滝入口」バス停から山道をゆっくり30分ほどで辿り着く。  冬は氷結して…
コメント:0

続きを読むread more

「わすれられない戦争」

 72年目の終戦記念日が近づいて来た。例年の如くNHKでは様々な戦争と平和を考える番組が放映される。「原爆の絵は語る~ヒロシマ被爆直後の3日間」 「原爆死ビッグデータで迫る72年目の真実」 「満州開拓村女たちの敗戦」 「沖縄と核~”基地集中”知られざる起源」 「細菌戦部隊はこうして生まれた」 「本土空襲~日本はこうして焼き尽くされた」 …
コメント:3

続きを読むread more

孫たちとボリショイサーカスを楽しむ

 孫二人(小4・小2)を連れて妻と4人で幕張メッセまで出かけボリショイサーカスを楽しんできた。おじいとおばあの孫たちへの夏休みの贈り物である。  前の晩に家に泊まっておばあちゃんのご馳走、トランプ遊びをして遅くまで寝ず。翌日はゆっくり起床し遅い朝ごはん後海浜幕張へ向かう。  ボリショイサーカスは実を言うとおじいも一度見てみたいと思っ…
コメント:0

続きを読むread more

森林公園のレンゲショウマ

 森林公園のレンゲショウマが咲いているというので出かける。 森林公園は広い、レンゲショウマの咲く野草コースは、南口からおよそ2キロ近くもある。着いたのは11時近く曇り空なれど蒸し暑くこの距離を歩くのは辛い。ちょうど11時10分発の園内バス(有料210円)がやってきたのでこれ幸いと飛び乗る、乗客は私一人だけ。野草コース入口から林間の道を…
コメント:0

続きを読むread more

救急車を呼んで人助け

 友人から貰ったチケットで、日本橋三井記念美術館で開かれている「地獄絵ワンダーランド」を観に行って来た。入口は、水木しげるの絵本「水木少年とのんのんばあの地獄めぐり」の原画から始まり、閻魔大王など地獄構成メンバーのリアルな地獄絵と像をたっぷり見て最後は庶民の憧れの極楽浄土の絵となる。私は地獄とか天国とか死後の世界を信じるものではないが、…
コメント:0

続きを読むread more

ミンミンゼミの初鳴き

 今日、11時頃我が家の柿の木辺りからミンミン蝉の鳴き声が聞こえてきた。いよいよ暑い夏の到来、そのうちアブラゼミが鳴き出し、この声を聴いているだけで汗がじっとり流れ出してくる酷暑の季節となりやがてヒグラシの声を聴いてなんとなくこれで夏が終わりかと感じる順番である。 蝉の声を聴くと子供の頃は蝉の声がうるさいくらいだったこと、毎日プールに…
コメント:1

続きを読むread more

不忍池の蓮花

 上野不忍池の蓮がほぼ満開だという。朝5時半起床、6時少し過ぎにまだ車も人もまばらかつ朝風の涼しさを感じ乍らチャリを駆って不忍池を目指す、途中カードを胸にぶら下げたラジオ体操に向かう小学生やお母さんたち、千駄木・谷中のよみせ通りではでっかいザックを背負った早立ちの外国人グループにも「おはよう~」と声をかけたりしながらほぼ25分、6時半に…
コメント:2

続きを読むread more

海の灯まつりinお台場

 お台場海浜公園の砂浜にロウソクの灯で彩る光のイベントが7月16・17日に開かれるというので出かける。着いたのは20時ちょっと過ぎ、都営地下鉄三田線・大江戸線で門前仲町へ、都営バスに乗りついですべてシルバーパス、交通費節約(ちなみにJRとゆりかもめだと往復1040円もかかる)。門仲で地上に出たらやばい大粒の雨が降り出している、行くだけ行…
コメント:2

続きを読むread more

ニコンカメラリコール

 昨日、「大切なお知らせ」というメールがニコンイメージングジャパン(株)から届く。私の使用しているフルサイズ一眼レフD750に「シャッターが正常に動作せず画像にケラレが生じる場合がある、ついては該当するかどうか製造番号でチェックして下さい。該当機については無償点検・修理を行う」という趣旨である。いままでそのような不調はなかったが、何百枚…
コメント:0

続きを読むread more

早起きは三文の徳(得?)

 朝寝坊が常習化している(9時までベッドでうつらうつらしていることもある)私、一念発起して厳しい暑さとならぬうちにと、早朝5時から庭に出て草むしり作業を敢行。昨日は5時起き、今朝は4時半起床、コップ一杯冷えた水を飲んですぐに作業開始。7時位までは少しヒンヤリした微風が爽やかに感じられ黙々とかつ快調に草むしり作業が進む。いったん朝食で30…
コメント:0

続きを読むread more

しながわ水族館・鈴ヶ森刑場跡

 高校クラスメイトとの散歩会でしながわ水族館へ。ついでに少しばかり寄り道して鈴ヶ森刑場跡地見学。  水族館は7,8年前に一度入ったことがるのだが、展示は当時と大分違っていた(好い方向に)。なかなか見ごたえのある水族館に変貌。学齢前の子供たちとお母さんたちで賑わっていた、夏休みになったら付属のレストランでの食事は大変だろう。イルカショー…
コメント:1

続きを読むread more

司馬遼太郎展

 高校クラスメイトのI君から優待チケットをもらっていたので、横浜そごう美術館で開かれている「横浜開港158周年 没後20年 司馬遼太郎展(21世紀”未来の街角”で)に出かける。I君は新聞社に勤めていたころ司馬さんとは「街道をゆく」取材であちこち現地にしばしば同行したという縁があるということ。私も司馬さんの著作はあれこれ読んでいるので興味…
コメント:1

続きを読むread more