父の日プレゼント

 父の日プレゼントが息子から届く。 新潟の米と水と空気が生んだ日本酒飲み比べセット。越乃寒梅・越の景虎・佐渡の北摂などなど銘酒 300ml 5本。  デーゲームで対ソフトバンク戦のカープ勝利を祝して一杯やるか!!
コメント:2

続きを読むread more

多摩川台公園のあじさい

 写真撮影仲間との毎月撮影会で多摩川台公園のアジサイを撮りに行く。私は以前に高校クラスメイトと散策したことがあり、地理が詳しいとのことで、またもや当番幹事となる。区のHPでは6日に見ごろとなったとのことで、盛りを過ぎていないかと心配したがまあまあの開花状態であった。多摩川台公園のアジサイ園は駅から近くそれほど広くもないので、ゆっくりのん…
コメント:1

続きを読むread more

観音竹の花が咲く

 観音竹は原産地中国南部~東南アジアで常緑小低木ヤシ科、福を呼ぶ縁起のよい観葉植物として好まれている。我が庭に観音竹がいつ頃から植えられているのか詳らかではないが地中根の勢いがよくあちこちから芽を出すのでモグラ叩きではないがあまりはびこらないようにその都度根元から切り取るのを常としていた。そんな少し厄介ものと感じていたカンノンチクに花が…
コメント:0

続きを読むread more

かるがも親子の行進

 そろそろ石神井公園で、かるがも親子の行進が見られる頃かと思い出かける。 石神井公園入口に着いたのが12時少し前。石神井池南岸に沿って奥へ進む、カイツブリ、アオサギ、シラサギ、かるがもの成鳥は見られるものの赤ちゃんカルガモは一向に見つけられない。まだ孵っていないのかなと半分あきらめ乍ら、でもせっかく来たのだからと一番奥の三宝寺池まで行…
コメント:1

続きを読むread more

写真展のはしご鑑賞

 今日は一日、写真三昧。 先ず、高校クラスメイトのAさんが出品するPSクラブ創作写真展(四谷の日本写真会館ポートレートギャラリー)、移動して写真仲間Kさんが新人賞を獲得した現代美術家協会「現展」(国立新美術館)を見る。ついでに六本木富士フィルムフォトサロンに寄って山本一写真展「故郷かさねいろ」と「2017日本写真協会賞受賞作品展」も鑑…
コメント:0

続きを読むread more

我が家の紫陽花が満開

 庭の紫陽花が只今、満開! 去年は剪定し過ぎで花を付けなかった地植えの紫陽花を始め、鉢植えも今年は綺麗に開花、これと競うように庭のあちこちに飛んだホタル袋も満開で百花繚乱状態。先日汗みどろで二日間かけて行った草むしりの苦労が吹き飛ぶような感じの初夏の花々である。ところで写真クラブで私が当番幹事で多摩川台公園の紫陽花撮影会が15日に予定…
コメント:0

続きを読むread more

「家族はつらいよ2」

 有楽町 丸の内ピカデリーまで出かけて映画「家族はつらいよ2」を見る。前々から見たいと思っていたがついつい見逃してしまった「家族はつらいよ1」がタイミングよく29日TV放送され、これを見ての今度は映画館での迫力満点、大画面での観賞である。  全編コミカルタッチで何度も笑いがこぼれる愉快な2時間を過ごす。が、山田洋次監督の作品、笑いの中…
コメント:2

続きを読むread more

孫たちの運動会

 今日は昨日の雨も上がり暑くもなく格好のお天気になり孫たちの通う小学校の運動会を見に出かける。 昨晩は遅くまでTVを見てしまい朝が遅くなり小学校に着いたのが11時半ごろで、孫2号(小4)と孫3号(小2)の午前中の出番はすでに済んでしまっていたが、運動場の片隅での孫たちとの昼食を楽しく美味しく戴く。午後、二人の出番、ソーラン節踊りと大玉…
コメント:0

続きを読むread more

広島―巨人戦を観戦

 息子が取ってくれたチケットで妻と息子と私の3人で東京ドーム広島vs巨人戦を観戦、昨年優勝を決めた9月10日以来の野球観戦である。席は3塁側内野席ながら外野席に近い前の方で、ダイヤモンドからかなり遠いが、外野席のカープ応援団近く・周りは全部赤で埋まっていて楽しい3時間ちょっとを過ごせた。息子はビールと酎ハイ、わたしは大吟醸を飲みながら妻…
コメント:0

続きを読むread more

2年ぶりの高校のクラス会

 今日は2年ぶりの高校クラス会が神田一ツ橋如水会館で開かれた。 参加者は22名、クラス全員は40人(男30、女10)、うちすでに他界された方は9人、残り31人のうち22人の参加だから、7割の出席率である。卒業して59年を経過してこの出席率は大したものだと思う。そして生存者31人全員の所在を把握している、普通は住所不明、所在不明、生死不…
コメント:0

続きを読むread more

都心で星空撮影

 東京では星空を撮影するのが極めて困難だ。何とか撮れないものかと再三チャレンジしているがなかなかうまく行かない。昨日は夜になっても北の空は雲が皆無とのGPV気象雲量予報であったので、急遽夕方6時過ぎ出かける。撮影場所は地下鉄勝どき駅から東京駅八重洲北口行バスに乗り聖路加病院の先明石町下車、歩いてすぐの佃大橋際の隅田川右岸。目を北の空縫に…
コメント:0

続きを読むread more

君津市濃溝の滝・羽田沖着陸態勢の航空機撮影ツアー

 今日、暑い中を撮影ツアーに出かけた。午前10時新宿をバスで出発し中央環状~湾岸線からアクアラインを通って房総半島のほぼ中央部君津市の山中にある「濃溝の滝」に着いたのが12時少し前。駐車場からよく整備された遊歩道を5分くらい歩くとお目当ての濃溝の滝に着く、江戸時代農業用水路のショートカットで岩盤に穿たれたトンネル部分の小さな段差の滝で清…
コメント:0

続きを読むread more

旧島津侯爵邸ライトアップ

 竣工100年記念イベントでライトアップされた旧島津侯爵邸を撮ろうと、東五反田にある清泉女子大学へ行ってきた。19時20分くらいまで、中庭で音楽会が行われており、入構したのがそれが終わってから。見学者がいっぱいいてそれぞれが建物を背景に記念写真を撮ったり、立ち止まっておしゃべりをしたりしている女性グループがいて建物全体を撮るシャッターチ…
コメント:0

続きを読むread more

踊子草を撮りに赤塚植物園に

 ゴールデンウイーク最後の日、5月の爽やかな天気に誘われ、板橋区立赤塚植物園に出かける。お目当てはオドリコソウ、ヒメオドリコソウと私は思っている花は輪が庭に雑草の如く生えているが、オドリコソウは見たことがない。植物園の奥の方、本園と万葉薬用園とを隔てる一般道路際の一角に咲いていた、ちょっと盛りを過ぎたようではあったが、なるほど真っ白い花…
コメント:0

続きを読むread more

孫の誕生日会

 今日5月4日は、一番下の孫の8歳の誕生日。 柏餅と菖蒲の花を買って息子に家へ出かけてゆうしょくで祝う。「算数だいすき」という本を学習の進み具合に合わせてプレゼントしてきたが、最後の10巻め「掛け算をやろう」をプレゼント、これで全10巻全部を贈って終了。孫3号はさんすうが得意だと自分で言っている、少しは効果があっただのだろうか。元気に…
コメント:0

続きを読むread more

コーラスコンサートの写真撮影

 以前、末席を汚していたコーラス「ドルチェ&マルカート」の第8回コンサートが開かれ、写真係を依頼された。前回まで演奏中の撮影はホールの最後部席の後ろに三脚を立てずっと立ったまま撮影をしていたが、終わってみると演奏された曲を覚えていずほとんど聴いていないと同然の状態であった。今回は後部座席の中央に三脚を据え座ったまま撮影することとした。…
コメント:1

続きを読むread more

ハンカチノキの花を愛でる会

 料理の得意な高校クラスメイトのT君の家で、ハンカチノキの花を愛でることを大義名分にして、実はT君が腕を振るっての自慢の料理をご馳走になる会が開かれる。集まった友はいつもの散歩会の面々のうち残念ながら再入院中のS君を除いた全員10人。  ハンカチノキは昨年植木屋さんが剪定し過ぎたとかで今年の花はちらほら状態でちょっぴり残念であったが花…
コメント:0

続きを読むread more

カメラのお掃除

 埼京線浮間舟渡駅近くにあるリコーイメージング(株)東京サービスセンターで開かれた「プレミアムフライデーワンコインスクール カメラメンテの基本」という1時間教室に行ってきた。  要はカメラ本体の手入れについての基本事項のおさらいであるが、今までレンズの手入れには気を使ってはいたがカメラは雨に濡れた時以外はほとんど何もせずにいた。これで…
コメント:0

続きを読むread more

ニリンソウ

 板橋区赤塚大門地区には、武蔵野台地の崖線に沿った斜面に都内最大のニリンソウの自生地がある。先週あたりが花の盛りだという情報を聞き昨日の強風を避けて今日出かけた。地下鉄高島平駅で降りてバス停に向かうとなんと高校クラスメイトの散歩会リーダープロカメラマンU君とばったり。私は当初大門地区ではなく赤塚植物園を目指すつもりであったが、U君はあそ…
コメント:0

続きを読むread more

サクラを撮る

 今年のサクラ撮影は、近場で済ませる。4月2日東京の桜が満開となったという報道があるも、実際はまだ3~5分咲き程度、しびれを切らして3日池上本門寺へ出かけるも空振り。4日、浮間公園、5日三河島水再生センター桜通り抜け→飛鳥山公園、6日染井霊園→旧醸造研究所と都電とマイチャリで省エネ桜撮影。今晩からお天気も悪くなりそうで今年のサクラ撮りは…
コメント:0

続きを読むread more

我が家に再び同居人

 学生時代の3年間我が家で暮らした甥のA君(妻の妹の長男)が、戻って来た。米国カリフォルニヤのローレンス・バークレー国立研究所に勤務しているが、4月から東京大学の准教授をも兼務することになり、日米間を行ったり来たりすることになる。日本滞在中は我が家の3階を提供することになった。家族が一人増えたようなもので、妻と二人の生活が賑やかとなる。…
コメント:0

続きを読むread more

26年振りのアンビュランス乗車

 今日は日が替わって間もなくから大変な一日が始まった。 就寝後まもなくして、”ドタン!”という音で目をさまし、眠い目をこすりながらトイレに向かうと、妻が階段下に寝転がっている頭から血を出して・・・・。「救急車呼んで~」と訴える、慌てて救急車は110だったか119だった一瞬迷う。すぐにやってきてくれた、乗り込むが脳外科と整形外科両方が関…
コメント:1

続きを読むread more

浅草寺金龍の舞

 台東区浅草の浅草寺境内で行われた金龍の舞を観に出かける。金龍の舞は1958年(s33)、東京大空襲で焼失した本堂再建を記念して奉納されたのが始まりで今年で59回目 を数えるという。午前11時、午後2時、3時の三回行われるというので、午後2時を目指して浅草寺に着いたのが1時半を少し回ったころ、金龍の舞の出発点の伝法院前は既に人だかりの…
コメント:0

続きを読むread more

高尾梅郷

 裏高尾の木下沢梅郷に出かけた。梅まつり中の11、12日のみ特別開放するとかで、土日の混雑を覚悟して出かけたが案の定の人出で、予定した高尾駅~小仏へのバスは乗り切れず30分待って次のバスに乗車。甲州街道から小仏への道は幅員が狭くてバスの行き違いのため広い場所で待機すること長時間かつ頻繁に行われ、嫌気がさして降りて歩いて行く人がいっぱいい…
コメント:0

続きを読むread more

聴力の衰えを実感

 土木学会第94回イブニングシアターを見に四谷へ。 上映作品は、「三陸の奇跡と命の道~東日本大震災から学びました~」(6分)、「鎌倉で津波から生き延びる」(15分)、「迫りくる南海トラフ巨大地震に備えて」(25分)と「津波災害による高台避難の誘導に関する公開実験」解説。  開演18:30ぎりぎりの到着だったので席は一番後ろ、上映が始…
コメント:0

続きを読むread more

風邪を引いてしまった

 一日夕方ごろから鼻が愚図愚図していたのだが夜半には喉がひりひり痛くて眠れぬ夜を過ごす。首が痛く頭も痛い、微熱あり。神代植物く公園での撮影会があるのだが、やむなく参加取りやめ。一週間ほど前から可風邪を引いている妻から移されたようだ、3月を迎え春本番だというのになんということか!医者に行ったら「花粉症かもしれない」と云われたが直前には外出…
コメント:0

続きを読むread more

富士山と星の軌跡撮影

 19日の日曜日に東伊豆沼津市大瀬埼まで出かけて富士山と星の軌跡を撮影に出かけた。夕方5時くらいまでは、富士山がすっきり見えていたのだが、撮影を開始した19時半には、富士山を望む北の空は肉眼で星を見つけるのがやっとという状態、それに反して南の空はオリオン座の三ツ星やペテルギウス・シリウス・プロキオンの造る冬の大三角形などの星々がばっちり…
コメント:0

続きを読むread more

久方ぶりのコンサート

 千住真理子&スーク室内オーケストラのコンサートを東京オペラシティコンサートホールで聴く。音楽界はしばらくご無沙汰していた、3年ぶり位になるか?  プログラムは、前半:グリーグ「ホルベアの時代から」、カッチーニ「アヴェマリア」、モーツアルト「アダージョ」、モーツアルト「アレルヤ」、バッハ「二つのヴァイオリンのための協奏曲ニ短調」、私に…
コメント:0

続きを読むread more

世界らん展を観る

 招待券を戴いたので、11日から開かれている「世界らん展日本大賞2017」を見に妻と東京ドームへ。素晴らしい蘭の花々に圧倒されるばかり、どうしてこのような花を咲かせるのだろうか!写真は日本大賞を獲得した蘭と雛段にしつらえた蘭。
コメント:0

続きを読むread more

宝登山のロウバイと三十槌の氷柱

 ビックカメラのツアーで秩父宝登山のロウバイと大滝の三十槌氷柱を撮影してきた。 新宿発10時、長瀞駅付近から宝登山ロープウエイ下駅まで渋滞、かつロープウエイ乗車待ち30分もかかり、ロウバイの撮影にはたったの25分くらいしか取れず、消化不良。妻に頼まれたロウバイの苗木をロープウエイ駅売店でゲットして次の撮影地芦ヶ久保の氷柱へ向かうがそち…
コメント:0

続きを読むread more

格安パソコンゲット

 地元写真クラブで使っているパソコンが起動しなかったり、とてつもなく長い起動時間を要したりするなど不安定な動作がしばしば起るようになり、ここらが買替え時だと思いつつそれとなく中古パソコン売り場などで物色していたところ、昨日新聞折込みチラシで池袋LABI総本店で展示処分品を抽選で格安販売するとの広告を見つけた。2月3日(金)、4日(土)、…
コメント:1

続きを読むread more

国民健康保険高額療養費申請

 先日、「あなたの世帯に係る下記診療月の医療費(一部負担金)が、高額療養費の支給対象となります。国民健康保険課にご申請下さい」というお知らせが届いた。平成28年10月妻の診療分6492円に対して限度額オーバー分492円を支給するという。申請書を当月の領収書コピーを添えて郵送するか領収書原本又はコピーを提示して窓口で申請せよと云うことであ…
コメント:1

続きを読むread more

奥蓼科 御射鹿池・横谷渓谷撮影行

 今年初めての写真撮影は、1月18日、長野県奥蓼科の御射鹿池と横谷渓谷乙女滝。 明後日は大寒、厚手の下着上下を着こんで、脚部にはホカロンを張って寒さ対策を万全にして出かけるも、それほど寒くもなく、雪道を30分ほども歩くと少しばかり汗が出るくらい。  最初に着いた御射鹿池は全面結氷した湖面に雪が積もっていて、雪と氷の冬の湖面シーンは当…
コメント:0

続きを読むread more

喜寿の祝い

 今日(1/10)は、77回目の誕生日。よくぞ命永らえたものと感謝感激す。 妻からは昨年のうちに丹後間人の蟹のご馳走、義妹夫妻から銘酒「浦霞」とお祝い金、息子&孫たちとは14日(土)に食事会・・・・・。有難いことである、昔は、70代前半くらいで年貢を納めれば上々と思っていたが、ちょっぴり欲が出てきた!行けるところまで健康寿命を延ばした…
コメント:0

続きを読むread more

「富士森羅万象」 「四季の彩り」 「国宝松林図屏風」

 新宿リコーギャラリーで開かれている大山行男「富士森羅万象」写真展を見る。地元に移り住んで常に富士を監視しながら撮った写真は迫力あるものばかり、これでもかこれでもかと見せられるとちょっと辟易してしまうくらいだ。次に向かったのは上野東京都美術館、日本写真家連盟第30回「四季の彩り」写真展。同じ写真クラブのKさんが公募展に入選(風景写真賞)…
コメント:0

続きを読むread more

ペンタックスK-3Ⅱを衝動?買い

 リコーイメージングからのメールで知らされ、お正月の福袋にお得な?ペンタックスカメラが入ったものがあるのを知り、元旦早々サイトで購入。前々から星空撮影に便利な「アストロトレーサー」というGPSを内蔵して天体の動きにCMOSセンサーを同調させて長秒時露光でも星が流れることなく撮影できる機能をもったカメラで欲しいなあと思っていたペンタッ…
コメント:0

続きを読むread more

グレートヒマラヤ 体感! ヒマラヤ造山帯~世界最深カリガンダキ渓谷

 天皇杯サッカー、箱根駅伝、ラクビー大学選手権くらいしか見る気がしないお正月テレビ番組だが、二日夜NHKBS3で、大変面白い番組が放映された。元旦午後からやって来て、賑やかな時間を過ごさせてくれた孫たちが帰った晩、ゆっくりと楽しむ。  「ヒマラヤ造山帯 世界最深のカリガンダキ渓谷」は、世界の屋根ヒマラヤ、その巨大な山塊を切り裂くように…
コメント:0

続きを読むread more

インターネットセキュリティーソフトの追加インストール

 私のパソコンは、ウイルスバスタークラウド(トレンドマイクロ社)というセキュリティーソフトを利用しているが、一契約で3台分まで使えますよというお知らせハガキが先だって送られてきた。今日は大みそか!ちょっと暇になったので、妻のパソコン(とっくのとうに使用期限が切れていて今は無防備状態)と私の(格安)スマホにインストールを試みる。妻のパソコ…
コメント:0

続きを読むread more

また撮影を頼まれた

 リタイヤー後の10年間を楽しませてもらった文京六中PTA混声合唱団から、またコンサートの写真撮影を引き受けてくれないかとの依頼メールが来る。  来年4月末の日曜日午後、牛込箪笥町区民ホールで第8回のコンサートを開く予定だという。、勿論二つ返事で引き受けることにした。私は第1回~5回まで歌わせてもらったが当時の懐かしいメンバーの皆さん…
コメント:0

続きを読むread more

間人(たいざ)蟹を食べに京都丹後半島へ

 12/18(日)7時33分の新幹線で京都へ、東海道線に乗り換え三つめ向日町駅で、息子にピックアップされ、京都縦貫自動車道で宮津天橋立へ。当時はまだ運転免許返上する前、福知山から自ら運転して同じく天橋立→間人に来た2010年11月から6年たっての2度目の間人蟹を賞味する。宿は間人漁港を真下に見る高台にある「よ志のや」という老舗旅館。妻は…
コメント:2

続きを読むread more

地上の星空

 羽田空港国内線第一ターミナル展望台に夕刻到着。日没(16:30)から30分ほど過ぎると、闇に灯された誘導路・滑走路上に設置されたライトが輝きだし、これらを背景に写真を撮ると誘導路や滑走路を走行する飛行機があたかも無数の星に囲まれた夜空を飛行しているように見える。いつぞや新聞で見かけたプロが撮った写真(右)を真似てみようと思ったのだが、…
コメント:0

続きを読むread more

レインボーブリッジと月と金星のコラボ

 夕刻、晴海埠頭まで出かけ、今日から虹色のライトアップを始めたレインボーブリッジと、ちょうど真上に輝く月齢4日の三日月と左側に並ぶ金星の写真を撮る。  着いたのが16時半少し前、日没は16:33、目指す南西方向の空は黒い雲がかなりの面積を覆っていてまだ月も金星も視認できず、こりゃ駄目かと思いつつ、カメラを三脚に据えスタンバイ。そのうち…
コメント:3

続きを読むread more

今年の流行語大賞

 今年の流行語大賞トップ10に、私が知らない、分らない、意味不明の語が三つもある。「聖地巡礼」「ゲス不倫」「PPAP」の三っだ。世情に疎くなったのか、世の中の動きについて行けなくなったのか、後期高齢者の悲哀を感じるも、いやいやそうではない、世の人々があまりにもくだらないことに目を向けすぎているのではないかと気を取り直す。まともに生き・暮…
コメント:0

続きを読むread more

明治神宮外苑いちょう並木と周辺散策

 中山道街道歩きをした仲間達との散歩会に参加 JR信濃町駅に9時半集合、今回の参加者は女性5人男性3人の計8人。JRが企画している「駅からハイキング」の「創建90年を迎えた明治神宮外苑いちょう並木と周辺散策ウオーキングイベントのコースを歩く、まずスタート地点の「聖徳記念絵画館」で参加登録して歩き始める。「外苑イチョウ並木」の通りを青山…
コメント:0

続きを読むread more

久し振りのマルシャンギ会

 太田黒公園から帰宅後、しばし休憩してから新宿へ。今日は久しぶりの昔の仕事仲間たちとの飲み会である。30年程前の数年間ネパール、マルシャンギ水力発電所工事で同じ釜の飯を食った連中、9月に亡くなったT氏を偲ぶ会と今夏までネパールで仕事(シェルパと共に気温42度の感慨工事ネパールへの恩返しhttp://www.47news.jp/47top…
コメント:1

続きを読むread more

太田黒公園へ

 都内の紅葉も”見ごろ”となって来た、今週末に行こうと思っていた荻窪太田黒公園も見頃との情報が入り、急遽出かけることにした。荻窪駅南口から徒歩10分足らず、入口から庭園までの通路のイチョウ並木の黄葉の美しさに感動!前方奥に同好の士が三脚を立ててなかなか移動して呉れない、しばし我慢の時間、人の途切れた一瞬を待つ。園内の紅葉も今が盛り(一部…
コメント:0

続きを読むread more

大雄山最乗寺の紅葉

 前々から一度訪れて見たいと思っていた最乗寺に出かけた。少し遠い~、8時に家を出て新宿から小田急で小田原→大雄山線に乗り換え終点大雄山→伊豆箱根バスで「道了尊」下車、徒歩10分ほどで着いたのが11時過ぎ、片道3時間もかかった。大雄山線に乗るのは初めて、そういえば元勤務先にここらあたりから通勤していた後輩が居たっけ、今どうしているかな?最…
コメント:0

続きを読むread more

渡良瀬遊水池撮影

 ”幻想的な枯野の情景”を撮るという宣伝文句に誘われて渡良瀬遊水池撮影ツアーに参加した。ところが今年の秋は天候不順で未だに緑の葉を残した木々が茂り枯野の情景に至っておらず、期待した写真は撮れず。  遊水池のほぼ中央部にある旧谷中村跡・雷電神社・延命院跡と大沼の2か所で撮影した後、遊水池を半周して東側第2調節池堤防に移動。日没(16時半…
コメント:0

続きを読むread more

清泉女子大学本館(旧島津侯爵邸)見学

 竣工100年記念で一般公開された旧島津侯爵邸を見学してきた。大正4年(1915)、品川区東五反田島津山にイタリアルネサンス様式の洋館が誕生した。鹿鳴館やニコライ堂を手掛けた英国人建築家ジョサイア・コンドル(1852~1920)晩年の設計である、関東大震災、太平洋戦争の戦火をくぐり抜け、今は大学のキャンパスとして大切に受け継がれている。…
コメント:0

続きを読むread more

新浜鴨場見学会

 11月2日、宮内庁新浜鴨場見学会に参加。 どんな方法で鴨を捕まえるのか興味があったのと、めったに入れない鴨池を見たいことがあって見学会に応募し、無事当選、行徳駅から徒歩25分ほどかけて参加。  エサ遣りで飼いならしたアヒルをおとりにして引き堀と云う水路に誘いこみ、たで網で掬うように捕まえるとはよく考えたもんだ、なるほどね!鴨の生息…
コメント:0

続きを読むread more