テーマ:雑記

「昭和史発掘」読了

 「昭和史発掘」は松本清張のノンフィクション作品。文春文庫版全9巻・4000ページに及ぶ大作で、昨年夏ごろから床に就いてからの就寝前に読み始めたが、すぐに眠くなって一日数ページ長くても2,30ページ読むとすぐに眠くなってしまい、すべて読み終えるのに1年近くもかかってしまった。  田中義一の陸軍機密費問題(大正15年)から日本近代史の分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銀座の穴場 GINZA SIX 屋上庭園

 高校同級生たちとの月一回の散歩、6月は銀座散歩としゃれこんだ。新橋駅前SL広場に集合して並木通りを北に向かい銀座一丁目で折り返し今度は中央通りを新橋方向へ戻るという銀座八丁往復という変わった銀ブラである。最後に寄った「銀座シックス」、以前は松坂屋のあった場所に2017年4月にオープンした銀座地区最大のショッピング&食事スポット、私は初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”特別展巨星松本清張”を見てきた

神奈川県立近代文学館で開催されている”特別展巨星・松本清張”を見てきた。都営地下鉄三田線から東急目黒線・横浜線経由でみなとみらい線元町中華街駅を降りて、エレベーターに乗り最上階まで一気に横浜港が眺められる丘の上に到着、そこはアメリカ山公園。外人墓地を右に見ながら横浜気象台の前を通り、港の見える丘公園を抜けて折から薔薇が満開のなか写真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お豆腐屋さんの「ありがとう張り紙」

 前記の閉店したお豆腐屋さんのシャッターに贔屓のお客さんから感謝状張り紙が追加された。 私も同感!お店を続けて貰いたいのは山々なれど厳しい仕事、もう無理をさせることはできない、ゆったり余生を送ってください。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妻がスマフォ デビュー

 妻の2台目のガラケーもバッテリーがすぐ減るなど大分おんぼろになってきたのでここらで新しい機種に替えようという気になっているところにタイミングよくdocomoからガラケー新機種への更新の誘いかけがあった。本日11時に予約した近くのDocomoショップに出かけるのに私も付き合う。なんだかんだと話をするうちにガラケーではなくスマフォを買うこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たかが”風邪”されど”風邪”

 気の緩みからうたたねして風邪をひき、更に甘く見ての厳寒の地奥日光への旅行、先週初めから10日間もの風邪に苦しめられた。一時38.9℃の高熱になりインフルエンザか?と心配したが幸いノーレスポンス。だが、37度台の微熱がなかなか収まらづ日中もほとんどベッドで過ごす日が続いた。風邪でこんなにも長い日数を回復に要したことは初めてのことである。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

80歳を迎えて文集作り

 我が高校クラスメイトは今から60年前卒業間際にクラス全員の文集を作り、その後2号も発刊している。 今年から来年にかけて皆が80歳になるのを期に文集第3号を作ろうとの話が以前から折に触れて出ていたのだが、キーマンが出てこなくてなかなか具体化しなかったのだが、次回クラス会幹事のK君・Aさんが是非次回クラス会(2020春)までに発刊したい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大掃除

 ちょっとの小掃除のつもりで始めた窓ふき掃除が想定外の二日がかりの大掃除になってしまった。 去年の年末にさぼってしまったので今年はどうしてもやらなければと始めた窓掃除、ほこりがいっぱいついた網戸が17枚、したがって窓ふきも17か所。そのうち手間のかかるジャロジー窓が7か所、ついでに灰色っぽくなってしまった白レースカーテン3枚も洗濯する…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

二日がかりで庭の掃除

水曜、木曜日、お天気が良いし暖かいというので、気にしていた庭掃除を敢行。 柿のきの落ち葉がわんさとたまった一角をまず片付ける、続いて、夏の時ほどではないが結構茂った雑草抜きと病葉を刈り取る。朝、ベッドを離れるのが一苦労で「えいやっ!」と掛け声をかけないと起きられず庭掃除のスタート時間は9時すぎ、二日目は11時近くになってしまい途中昼食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

門前仲町で食事会

 連休前夜 大学クラスメート5人集まって門前仲町の「華福寿」という中華料理屋さんで1年一回の食事会を行う。一昨年までは泊りがけのクラス会を開いていたのだが寄る年波に勝てず旅行しての集まりは終わりにして、食事会だけにすることにした。今年は2回目だが東京近辺に居住する仲間は6人だけ、遠方からは呼びかけてもなかなか参加者はいないのは致し方ない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死後離婚?

  先日、高校級友達との散歩会後の談笑会でK君から”死後離婚”って話題が出た。死後離婚という言葉 私は初めて聞くが、夫を亡くした妻がまだ生存している夫の両親との姻戚関係を絶つための手続きのことでどうも TV番組の視聴率を上げるためにかキャッチフレーズとして造られた俗語と思われる。  法律の大家A君から「死後離婚という法的手続きはな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真展のはしご

 写真展の案内はがきが私の手元にいま7枚もある。知人・友人などから郵送されて来たリ手渡されたもので義理で行かなければならないものもあるが中にはちょと遠路の会場もありいささか大変! 今日はそのうちの3会場を訪れんと昼から出かける。まずは有楽町交通会館B1の「第13回J’sクラブ写真展」、続いて銀座3丁目角のシャネルビル4Fの「立木義浩写…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

69年ぶりに見つかった「原爆体験記」

 広島への原爆投下から四年後に書かれた被爆者の手記が今年3月に見つかり、冊子にまとめられている。 当時14歳、旧制広島第二中学校2年生だった西村利信さん(87)が原爆投下直後の光景を鮮烈な記憶をもとに生々しく描いた貴重な記録である。被ばく当日のこと、その後父と弟を探し回った10日余りのことが目を覆うばかりの爆心地の惨状とともに克明に描…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

エアコンが故障

 先日、寝室のエアコンが故障。この暑いのに大変だ!! 就寝してから、エアコンのあたりで10秒間隔くらいにトン トンと異音がする。気になって寝付けない、起き上がって踏み台を持ち出し調べるとエアコンの底部左隅に水滴がじわ~と沁み出しそれが床に落下しているのを発見。この暑さではエアコンなしでは寝られない、水滴をバケツに受けるようにして、エア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野科博のフーコーの振り子は人の手で動かしている?

 上野国立科学博物館にある「フーコーの振り子」、私は子供のころから振り子が盤面を行ったり来たり運動するのはてっきり地球の自転運動によって自然の力で動いているものだとばかり思っていた。友人たちに聞いてもほとんどがそう思っていたという。ところがどっこい、係りの人が手で球に運動を与えている現場を見てしまった。よくよく調べてみると「フーコーの振…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

築地市場見学

 東京築地市場は今年10月に豊洲に移転することになっている。その後建物は解体され国鉄東京市場駅があった時代の痕跡を残すカーブを描いた特徴ある建物が永遠に見られなくなってしまう。そこで今のうちにこれらの建物の写真を撮っておこうと出かけることにした。妻は一度も行ったことがないので一緒に連れて行ってくれとのことで同行。  先ず市場全体の配置…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

窓に遮熱ネットを取り付ける

 今日は今年一番の暑さとなったのではないだろうか? 二階にあるわが書斎は西陽がまともに照り付けこれから夏に向かって暑さがたまらない、購入しておいた遮熱クールネットなるものを取り付けた、シートが余ったので、1Fの居間とキッチンのドアにも取り付けた。69%のUVカット・直射熱7℃の遮熱効果があるというが少しでも効果を期待したい。1Fの窓に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亀戸天神へ

 真夏日のような暑さのなか亀戸天神まで出かける。 往路はバスを本郷三丁目で錦糸町行きに乗り換え太平3丁目で下車、そこから先のバス便は極めて少ないので徒歩でバス停二つばかり歩き亀戸天神前着。  天神さま境内の藤の花が御多分に漏れず例年より早く咲きほぼ満開状態、大勢の善男善女で賑わっていた。フジの花写真を撮って船橋屋の葛餅をお土産に帰宅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

諫諍と忖度

 今まであまり使われないというよりほとんど知られていなかった言葉「忖度」はいまでは小学生でも知っている流行語になっている現象は憂うべきか喜ぶべきか? 「忖度」とは対極の「諫諍」と云う言葉があるのを知る。かんそうと読み「諫争」とも書く。広辞苑に寄れば”面と向かって諫めること。あくまでも強く諫めること”、新修漢和大辞典には”いさめ争うこと”…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

神田川の桜

 都電荒川線で”面影橋”まで行きそこから神田川に沿って下流へ1kmほど椿山荘下手前の駒塚橋まで桜見物に出かけた。東京のサクラ開花から5日、既に7~8分咲、明日明後日の土日に満開となるだろう。今年は例年より1週間早いサクラだ、29日新宿御苑撮影会、4月2日目黒川花見という予定が入っているがぎりぎり何とか間に合いそうか?  神田川の桜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蕗の薹を沢山戴く

 妻の弟の嫁さんから 庭で採れた蕗の薹が沢山送られてきた。我が家の庭にも数株芽を出していたのは既に天ぷらにして消費してしまっているが、今度は30個くらいもあるかな。またまた美味しいてんぷらで一杯という優雅な時間を過ごすことができそうだ。感謝!感謝!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の到来告げる 福寿草

 4月並という陽気に誘われて北区立自然ふれあい情報館(十条仲原4清水坂公園内)の自然観察園で満開となったという「春の妖精」と呼ばれている福寿草を愛でに出かける。約150輪ほどが開花、落ち葉で埋まった茶色のキャンパスを鮮やかに彩っていた。これほど沢山の花がかたまって咲いているのは今まで見たことがない、見事である。花言葉は「幸せを招く」で縁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自転車事故損害賠償保険に加入

 自転車に乗っている際に事故を起こし、加害者となった場合、たかが自転車の事故とはいえない、数千万円という重い損害賠償責任を負うケースがあるという。よく自転車を利用する私は以前から万一第三者に被害を与えた場合、大変なことになると気にしていたのだが、先日新聞でそのようなケースに陥った方たちの記事をみて「こりゃ大変だ!最低限の対策はしておかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神代植物公園へ

 4月上旬並みの暖かさの中、神代植物公園へ出かける。まずはリニューアル後初めての温室へ、ただでさえ暖かいのに温室内で撮影しているうちに汗がたらたらと流れ出し下着がびしょ濡れ寸前となり早々と退散し園内を縦断して梅園へ。まだ満開とは言えないがそこそこの開花状態、30分ほど撮影してまた園内中央付近の以前福寿草が咲いていた場所をうろ覚え乍ら探し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

六義園で貫井囃子と獅子舞

 このお正月は、天気が好い。今日はちと冷たい風が強く吹いているので躊躇したが、勝負あったの箱根駅伝TV中継をOFFし重い腰をあげて六義園まで出かける。新春恒例の伝統行事(2日は神田囃子、3日は貫井囃子)をやっているのだが、いままで一回も見たことがなかったのだが1時半からの午後の部、着いたのが13時10分ほど、もう有名な大枝垂れ桜の前にし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20数年ぶりの銭湯でゆず湯

 今日は冬至、ゆずの香り漂うお風呂でポッカポッカ1年の疲れを癒しましょうと入浴料100円で銭湯に入れるという行政の粋な計らいに乗り、20数年ぶりに銭湯に入って来た。昔は我が家から歩行距離200~230m位に3軒、300mほどに一軒の銭湯がありその時の気分であっちの湯こっちの湯と楽しんだものだ。その後せんとうの休業があいつだもののいまだに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マルシャンギ会

 ネパールでの水力発電所工事で同じ釜の飯を喰った仲間たちが集まる毎年一回のマルシャンギ会(飲み会)が新宿東口駅前の飲み屋で開かれ参加。今回は都合が付かない人が多く参加者は7人とちょっと寂しかった。こういった会合ではいつも病気の話や誰それが亡くなったとか入院したとかって話がさいしょの話題になるのだが、そのうちもう30年近く前の話が次々と出…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「戦争まで~歴史を決めた交渉と日本の失敗~」

 東京大学文学部教授、歴史学者である加藤陽子さんが中・高校生に6回にわたって講義した内容を一冊の本にまとめた「戦争まで」朝日出版社を読み終える。奇しくも今日は12月8日日米開戦の日である。加藤さんは、世界が「日本に「どちらを選ぶのか」と問いかけた交渉事が3度あったとし世界が日本に示した選択肢のかたちと内容を、それに対する日本が対置した選…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

大吟醸まとめ買い

 新聞広告で大吟醸酒5本で9800円というキャッチフレーズの誘惑に負けて購入。これで年末からお正月にかけてのお酒の準備ができた。妻からくれぐれも飲み過ぎに注意との厳命くだる。でも飲みたくなるようなおかずを造らないでくれよ!こちとらは意志強固にあらず!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「レイテ戦記」読了

 大岡昇平著「レイテ戦記」を読み始めたのは終戦(敗戦)記念日前後の8月半ば、毎晩寝床に入ってからの読書で少しずつしか読み進めない。何しろ文庫版上中下合わせた1300ページ余の長編大作である、昨日ようやく読み終える。呆れるほどの客観的な正確さと詳細さを追求した戦争の歴史・戦記ではあるが生き延びた軍人たちが書いた戦記などとは違って著者自身の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more