アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ひねもすのたり日記
ブログ紹介
仕事から完全に離脱して年金生活者となってから既に14年、自由時間がたっぷりあるだけが取柄のいわゆる高齢者の勝手気ままの生活の様子と,おなじく勝手気ままな愚痴・言いたい放題,折りにふれての家族の出来事などあれこれ綴った日記である。
 御用とお急ぎでない方は,寄ってらっしゃい!見てらっしゃい!



zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ワールドカップサッカーを楽しむ
 6月14日から始まった2018ワールドカップは一次リーグの試合が一巡して今日から二試合目が順次始まる。優勝候補と云われるドイツがメキシコに敗れ、ブラジル・アルゼンチンがスイス、アイスランドと引き分けるなど波乱の様相を呈し、観戦する方にとってはまことに面白い展開となりそうだ。一巡目の中でもポルトガルvsスペインの隣国強豪同士の試合は見ごたえがあった。昨晩は一次リーグで引き分けが一試合でもあれば上出来だと皆が思っていた日本がまさかの対コロンビア戦に勝利、一層楽しく見ることができそうだ。  今回の... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/20 15:52
二日遅れの父の日
 先週末から月曜日までいろいろと用件が重なって外で食事したりで、二日遅れての今晩、息子が送って来た”うなぎのかば焼き”で父の日を祝う。缶ビールとお酒一杯と少々飲みながらワールドカップ日本vsコロンビヤ戦をTV観戦しながら。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/19 20:40
今年の梅はたったの二つ
今年の梅はたったの二つ  梅雨の晴れ間を利用して朝から庭に出て、午後5時過ぎまで草むしりに精を出す。 うどんこ病がひどいので数年前枝を大幅にカットした我が家の梅の木、毎年ちょっぴりだけど花を楽しみ、これまたちょっぴりだけ梅の実を収穫していたが、今年は実をつけずに諦めていたのだが、ふと見上げると二つだけ大きな実を見つける。来年はもう一回花を楽しませてもらってから樹自体を伐採しようと思っているのでこれが最後の梅の実。記念写真に収める。  一方、偶然にもネットで取り寄せた梅の実が到着。こちらは10kg、福井三方産の「紅さ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2018/06/13 18:56
びわの実収穫
びわの実収穫   びわの実がたわわに実った。今年は何故かカラスの餌にならずに済んだ。晴れ間を狙って妻が長い枝切りはさみを使って収穫。ちょっと酸っぱいが美味しく戴く。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/06/01 13:11
映画 家族はつらいよV「妻よ薔薇のように」を観てきた
 池袋メトロポリタンビル8Fにあるシネ・リーブル池袋まで出かけ妻と映画観賞。 橋爪功、吉行和子らが演じる平田家の人びとが起こす大騒動をユーモアたっぷりに描いた山田洋次監督の喜劇映画シリーズ家族はつらいよの第3弾「妻よ薔薇のように」である。熟年離婚、無縁社会を描いたパートT・Uに続く今回のテーマは主婦への讃歌。橋爪功、吉行和子、西村まさ彦、夏川結衣、中嶋朋子、林家正蔵、妻夫木聡、蒼井優、小林稔侍、風吹ジュンらシリーズおなじみのメンバーが顔を揃え、ちょんの間に顔を出す笑福亭鶴瓶、笹野高史ら優れた演... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2018/05/31 22:27
築地市場見学
築地市場見学  東京築地市場は今年10月に豊洲に移転することになっている。その後建物は解体され国鉄東京市場駅があった時代の痕跡を残すカーブを描いた特徴ある建物が永遠に見られなくなってしまう。そこで今のうちにこれらの建物の写真を撮っておこうと出かけることにした。妻は一度も行ったことがないので一緒に連れて行ってくれとのことで同行。  先ず市場全体の配置を知っておこうとして訪れたのが、電通本社ビルのあるカレッタ汐留46階にある展望スペース。ここからは、築地市場だけでなく、10月に移転する豊洲市場やそこへアクセスす... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/05/29 23:05
前進座五月公演「人間万事金世中」観劇
 国立劇場で前進座五月公演「人間万事金世中」(じんかんばんじかねのよのなか」を観る。 幕末から明治初期の歌舞伎脚本作者河竹黙阿弥がイギリス人の人気作家リットンの戯曲「マネー」を横浜を舞台とする散切物の芝居に翻案・脚色した作品だという。お金に目がくらんだ者達は一杯食わされ思惑通りに行かず悔しい想いをし、義理人情を大切にする者達は、周りの人たちにも救われてお金を手に入れることができるという風刺劇で、すっきり明るい喜劇であった。  ところが困ったことが起こった! 席が最後部席から2列目で役者の台詞... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/05/22 22:25
母23回忌法要
 今日は母親の23回忌法要を菩提寺で行う。 姉二人は、もう出歩くことが困難(二姉は認知症三姉はあちこち故障症)なので、私の家族7人だけで内内で。お寺は家から5分くらいソメイヨシノを生み出した植木の里染井の植木職人として有名な伊藤伊兵衛政武の墓のある西福寺。法要を済ませて家に戻り近所のお寿司屋さんと魚屋さんに造ってもらったご馳走を戴く。息子夫婦・孫3人と7人で賑やかな時間を過ごす。 次はこちらが法要を受ける番だな!そろそろ戒名を貰っておこうかと妻と語る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/05/20 19:32
窓に遮熱ネットを取り付ける
 今日は今年一番の暑さとなったのではないだろうか? 二階にあるわが書斎は西陽がまともに照り付けこれから夏に向かって暑さがたまらない、購入しておいた遮熱クールネットなるものを取り付けた、シートが余ったので、1Fの居間とキッチンのドアにも取り付けた。69%のUVカット・直射熱7℃の遮熱効果があるというが少しでも効果を期待したい。1Fの窓には外から葦簀も立てかけ二重の対策さらにIF居間の南側壁に」緑のカーテンをめぐらそうと先日都庁前で貰ったゴーヤと朝顔の種も播く。さてさて今年の夏は快適に過ごせるだろ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/05/16 17:30
孫の高校マンドリン部第57回定期演奏会
孫の高校マンドリン部第57回定期演奏会  高3の孫1号の高校マンドリン部演奏会(於:埼玉会館大ホール4/29)を聴きに妻と出かける。マンドリンの演奏会ってどんなものなのか?たかがマンドリン・・・という感じであったが、予想と違って1stマンドリン(9)・2ndマンドリン(8)・マンドラ(9)・マンドセロ(7)・フルート(4)・ギター(16)・コントラバス(4)他にシンバル・ドラムなど含めて総勢60人ほどのオーケストラで女性らしい柔らかなやさしい音色いっぱいの素晴らしい演奏を楽しませてくれた。2年生と3年生だけの演奏、3年生はこの会で部活... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2018/04/29 21:30
亀戸天神へ
亀戸天神へ  真夏日のような暑さのなか亀戸天神まで出かける。 往路はバスを本郷三丁目で錦糸町行きに乗り換え太平3丁目で下車、そこから先のバス便は極めて少ないので徒歩でバス停二つばかり歩き亀戸天神前着。  天神さま境内の藤の花が御多分に漏れず例年より早く咲きほぼ満開状態、大勢の善男善女で賑わっていた。フジの花写真を撮って船橋屋の葛餅をお土産に帰宅(13:20)  昼食後一休みしてから飛鳥山公園で開かれている区民植木市へ。腐葉土と中粒土各一袋を買い込んでマイチャリ荷台につけて運搬。明日も天気がよさそう、に... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/04/20 19:11
信州伊那駒ヶ根の桜
信州伊那駒ヶ根の桜  10日(火)から4日間も駒ヶ根市天竜川東岸の高台にある妻の友人Tさんの家に滞在し、光前寺・蔵沢寺・桃源院などの枝垂れ桜を撮影してきた。Tさん宅は新築していくらも経っていないのに今は常住せず一か月に一回程管理のため東京から出かけて行くという勿体ない状態にありご好意により妻と二人で泊まらせて戴いた。  駒ヶ根のサクラはソメイヨシノは既に散り、枝垂れ桜も5分咲から満開、葉桜と海抜高度や日当たりなど場所によってさまざまであった。その中で比較的見頃であったのは天竜川西の山麓(標高850m)光前寺仁王門... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2018/04/13 20:38
諫諍と忖度
 今まであまり使われないというよりほとんど知られていなかった言葉「忖度」はいまでは小学生でも知っている流行語になっている現象は憂うべきか喜ぶべきか? 「忖度」とは対極の「諫諍」と云う言葉があるのを知る。かんそうと読み「諫争」とも書く。広辞苑に寄れば”面と向かって諫めること。あくまでも強く諫めること”、新修漢和大辞典には”いさめ争うこと”とある。  日本人は一般に諫諍することが極めて少ないという弱点をもった民族だと識者は云う。、肝に銘じておくべきであろう。上司の不正な命令に唯々諾々と従うことは有... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2018/04/01 13:58
さきたま古墳公園の桜
さきたま古墳公園の桜  満開情報を受けて埼玉県行田市のさきたま古墳公園のサクラ見物に出かける。 JR高崎線行田駅で下車してそこから市内循環バスで15分ほどで着く。このバスは後期高齢者保険証を提示すると無料となるとの知らせがネット時刻表に記載してあったが行田市民でなくてもいいのかな?と半信半疑ながら乗車したがOKだった。周辺の区がすべてコミュニティーバスを運行しているのに箱モノばかり造るわが豊島区と比べて数段進んだ行田市行政に感心した。  さて、お目当ては丸墓山古墳の頂部に咲くサクラを撮ること、円墳の斜面に菜の花が... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/28 21:52
城山かたくりの里
城山かたくりの里  昨年3月23日、妻の階段転げ落ち事故のため、写真仲間と予定していた撮影会で行けなかった神奈川県相模原市の「城山かたくりの里」へ出かける。前日ちょうど満開となったとの情報を得たグッドタイミングである。往路電車の遅延で京王線橋本駅からの予定していた時刻の臨時直行バスに乗れず1時間遅れの到着であったが、たっぷり3時間咲き誇るかたくりの花を楽しませてもらった。公園入口の売店で蕾のついた黄花カタクリの苗を購入、花が終わったら鉢に植え替え、大切に育て来年以降ずっと花を咲かせたい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/26 22:39
神田川の桜
神田川の桜  都電荒川線で”面影橋”まで行きそこから神田川に沿って下流へ1kmほど椿山荘下手前の駒塚橋まで桜見物に出かけた。東京のサクラ開花から5日、既に7〜8分咲、明日明後日の土日に満開となるだろう。今年は例年より1週間早いサクラだ、29日新宿御苑撮影会、4月2日目黒川花見という予定が入っているがぎりぎり何とか間に合いそうか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/23 19:33
蕗の薹を沢山戴く
蕗の薹を沢山戴く  妻の弟の嫁さんから 庭で採れた蕗の薹が沢山送られてきた。我が家の庭にも数株芽を出していたのは既に天ぷらにして消費してしまっているが、今度は30個くらいもあるかな。またまた美味しいてんぷらで一杯という優雅な時間を過ごすことができそうだ。感謝!感謝! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/13 19:32
映画「日本初の地下鉄建設」
 第99回EVENING THEATER 「日本初の地下鉄建設」を見に四谷まで出かける。  この映画は東京メトロ銀座線(上野〜浅草間2.2km1927年(昭和2)12月30日開業)を施工した大倉土木(現大成建設)が作った当時の建設工事を記録した無声映画「東京地下鐡道工事及実況」をデジタルリマスターし、工法の解説や、建設に携わった技術者の紹介を盛り込んだ建設記録映像で今回が初公開。いつもと違って200人もの観衆で会場の土木学会講堂は超満員であった。東京に地下鉄を造る…その夢を実現するため、多くの... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/12 23:08
国立能楽堂で観能
 千駄ヶ谷にある国立能楽堂で妻と観能。 国立能楽堂での観能は私は2回目、妻は初めての経験。  席は正面席なれど少し右側に寄った位置なので舞台右手手前の柱が影となって若干見づらかったがまあまあ楽しい時間を過ごすことが出来た。出し物は狂言「音曲婿」と能・金春流「千手」。あらかじめあらすじに目を通しておいたので、座席前の解説字幕表示も見ながら何等の苦も無く謡いと囃子と神秘的な能面と美しい装束を付けた能役者の動きとが溶け合った独特の雰囲気に浸ることが出来た。  能は歩行の芸術と云われている通り、橋... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/07 22:02
今日は耳の日
 3月3日、ミミの日である、そこで我が耳の話。  2,3年前、落語を聴きに行った時、廻りの皆が笑っているのに何で笑っているのか分らなくて耳が遠くなったことに気付き以後落語会には足遠くなってしまっているが、近ごろいろいろなシーンで難聴を自覚せざるを得ないこととなった。  ・ TVでアナウンサーの声は問題無いのだが、ドラマなどでは役者の台詞がよく聴き取れない。(これには字幕表示をONにして対処)  ・ 「ラジオ深夜便」を聴きながら眠りにつくのを楽しみにしているのだが、最近は対談番組でゲストの話... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/03 17:19
春の到来告げる 福寿草
春の到来告げる 福寿草  4月並という陽気に誘われて北区立自然ふれあい情報館(十条仲原4清水坂公園内)の自然観察園で満開となったという「春の妖精」と呼ばれている福寿草を愛でに出かける。約150輪ほどが開花、落ち葉で埋まった茶色のキャンパスを鮮やかに彩っていた。これほど沢山の花がかたまって咲いているのは今まで見たことがない、見事である。花言葉は「幸せを招く」で縁起のよい花として知られる。  一方、我が家の福寿草は只今5輪ほどが開花している、例年より少ない。新しい小さな芽数株が首を出しつつあるがこれは今年は花を付けないだ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/01 16:43
かつうらビッグひな祭り
かつうらビッグひな祭り  千葉県勝浦市の「勝浦ビッグひな祭り」を見に出かける。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/23 22:17
自転車事故損害賠償保険に加入
 自転車に乗っている際に事故を起こし、加害者となった場合、たかが自転車の事故とはいえない、数千万円という重い損害賠償責任を負うケースがあるという。よく自転車を利用する私は以前から万一第三者に被害を与えた場合、大変なことになると気にしていたのだが、先日新聞でそのようなケースに陥った方たちの記事をみて「こりゃ大変だ!最低限の対策はしておかなけっれば!」と思い、早速WEBで調べて自転車損害賠償保険に加入することにした。自分のことは医療保険で済むので、本人の死亡障害入院保険金などの保証は要らない、倍賞責... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/20 12:46
東京タワー 五輪色ライトアップ
東京タワー 五輪色ライトアップ  今日はTVにかじりつきっぱなし、羽生・宇野のワンツー勝利に酔いしれた。 金メダルが取れたら東京タワーが五輪色ライトアップすることになっている(昼間の時間に金が決定したらその晩、夜間だったら翌日の晩)との新聞記事を読んでいたので、先日来から写真を撮りに行こうと今か今かと待ち受けていたのだがようやくそのチャンスがやって来た。  昨日と打って変わって冷たい北風が吹く中あらかじめ目星を付けていた撮影地点である芝公園の一角まで出かける。根っからのフィギユアスケートフアンの妻も羽生・宇野の健闘の記念に... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/17 23:23
神代植物公園へ
神代植物公園へ  4月上旬並みの暖かさの中、神代植物公園へ出かける。まずはリニューアル後初めての温室へ、ただでさえ暖かいのに温室内で撮影しているうちに汗がたらたらと流れ出し下着がびしょ濡れ寸前となり早々と退散し園内を縦断して梅園へ。まだ満開とは言えないがそこそこの開花状態、30分ほど撮影してまた園内中央付近の以前福寿草が咲いていた場所をうろ覚え乍ら探しに向かう。記憶は正しかった四阿の近くに見事に開花している福寿草の10数株を見つける。我が家の福寿草はやっと土中から顔を出したばかりだというのにここはまさに満開だっ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/15 22:47
サクラソウの芽分け
 午前中、三田病院まで胃腸の漢方薬などの薬90日分を貰いに行く。帰りは駅から自宅まで歩くうちにひと汗掻かいてしまうほどの暖かさ、この暖かな日を無駄にはできない。午後は久しぶりに荒果てた庭にでて先ずはサクラソウの芽分けをすることにした。ひと冬過ごした全部で8個の鉢植えのサクラソウの芽を掘り出して同程度の大きさの芽を2〜3芽植え替えする作業である。小一時間ほどで終え、あとは落ち葉や雑草で覆われた庭の清掃作業にかかる。あっという間に午後4時過ぎとなり、さすがに日蔭では寒さが気になるようになって本日の作... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/09 19:02
皆既月食バッチリ撮れた
皆既月食バッチリ撮れた  天気予報は曇り、夕方の空は一面の高曇りで、今晩の皆既月食は望み薄と半ば諦めていた。が6時ごろ東の空を見上げるとなんと煌々とした満月が輝いているではないか!今から六本木ヒルズやスカイツリーとツーショット出来る墨田川河畔まで出かける時間的余裕がない、そこで我が家の屋上で皆既月食撮影にチャレンジすることにした。  1月2日のスーパームーンの時あらかじめ同じ時刻の月の移動コースを見定めていたのでやや広角レンズで欠け始めから皆既までのインターバル撮影と望遠レンズ(換算600mm)で皆既月食と周囲の星を... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/02/01 12:53
鶴の羽が凍った
 鶴の羽が凍った  東京都心の気温は連日氷点下。48年振りの氷点下4度まで下がりこの冬一番の厳しい冷え込みとなった25日、気合を入れて陽があがってもブルブルの街の飛び出し日比谷公園まで出かける。お目当てはつららの下がった雲間池の鶴の噴水。着いたのが9時半過ぎ、既に3,40人のカメラマンが池の周囲思い思いの場所でカメラを構えていた。池を一周しながら見事なつららで飾られ幻想的雰囲気さえ讃える鶴の噴水を10数枚撮り、早々と退散。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/01/25 18:17
久し振りに水元公園へ
久し振りに水元公園へ  大寒の翌日なのに今日は3月下充並みの暖かさに誘われて水元公園まで出かける。バス停からの道で男女3人ずつの若い6人連れに追い抜かれる、中の二人が二眼レフを肩にかついでいる。「おっ凄いカメラをお持ちですね、二眼レフって久し振りのお目にかかりますよ!」と声をかけると、やはり写真好きのグループだった。  さて今日のお目当ては葉をすっかり落としたメタセコイアの森だが、公演に入ってから1キロ近く歩かなければならない、やっとこさ着いたらさっきの6人組がカメラをセットしているところに再会、やはり狙いは同じだ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/01/21 22:12
銀座で撮影会
銀座で撮影会  秋田会の面々総勢11人で初春の銀座に出かけ今年初の撮影会。有楽町駅銀座口に10半集合新橋方向のJR高架下飲食店街をうろつき数寄屋橋方向へ進む、まず東急プラザ6Fキリコラウンジから真下の数寄屋橋交差点を行き来する歩行者や車列を撮る。撮りながら思った、「色とりどりの傘の歩行者が素敵な被写体のなるのではないかなあ!」、よし雨降りでかつ人出の多い時刻を狙ってまた来よう。  この後、エルメスビルへ。日産ギャラリー・GINZA SIXに寄る時間が無くなってしまい銀座2丁目ベルビヤ館8Fの「シュタインハウ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/01/12 19:52
六義園で貫井囃子と獅子舞
六義園で貫井囃子と獅子舞  このお正月は、天気が好い。今日はちと冷たい風が強く吹いているので躊躇したが、勝負あったの箱根駅伝TV中継をOFFし重い腰をあげて六義園まで出かける。新春恒例の伝統行事(2日は神田囃子、3日は貫井囃子)をやっているのだが、いままで一回も見たことがなかったのだが1時半からの午後の部、着いたのが13時10分ほど、もう有名な大枝垂れ桜の前にしつらえられた舞台の前の座席ほおろか、立ち席もすでにいっぱいの人、写真を撮るにはまともな場所を確保できない。仕方ないので長身を生かした両腕でカメラを高く掲げたメクラ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/01/03 19:04
丸の内仲通りイルミネーション
丸の内仲通りイルミネーション  今日は天皇誕生日、23日から来年1月7日まで皇居・正門石橋や鉄橋(二重橋)などがライトアップされているというのでさっそく写真撮影に出かけた。昼間は一般参賀があったとかで幾張りものテントや警備警官の詰め所などが残っていて昼間の喧騒ぶりが思われるもいまは2,30人ほどの人が発光ダイオードに照らされた橋や白壁の櫓の幻想的の夜景を楽しんでいた。 東京駅への帰り道、丸の内仲通りのイルミネーションを観る、話には聞いていたがカップルや家族連れなど凄い人出にまず驚かされた(カメラを片手のじっちゃんはわたしだ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/12/23 22:02
20数年ぶりの銭湯でゆず湯
 今日は冬至、ゆずの香り漂うお風呂でポッカポッカ1年の疲れを癒しましょうと入浴料100円で銭湯に入れるという行政の粋な計らいに乗り、20数年ぶりに銭湯に入って来た。昔は我が家から歩行距離200〜230m位に3軒、300mほどに一軒の銭湯がありその時の気分であっちの湯こっちの湯と楽しんだものだ。その後せんとうの休業があいつだもののいまだに200mちょっとの2軒が健在。久し振りの銭湯は以前と様変わり、浴槽が四つもあり薬湯やらエステバブルとかボデーバブルとかいう泡ぶろもあり、番台も男女更衣室の境にあっ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/22 20:27
マルシャンギ会
マルシャンギ会  ネパールでの水力発電所工事で同じ釜の飯を喰った仲間たちが集まる毎年一回のマルシャンギ会(飲み会)が新宿東口駅前の飲み屋で開かれ参加。今回は都合が付かない人が多く参加者は7人とちょっと寂しかった。こういった会合ではいつも病気の話や誰それが亡くなったとか入院したとかって話がさいしょの話題になるのだが、そのうちもう30年近く前の話が次々と出てきて楽しいひと時があっという間に過ぎる。1970年代エベレスト登頂を果たした登山家は、今年、田部井さんが亡くなり存命なのは俺一人になってしまったという石黒氏、当... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2017/12/14 23:17
ふたご座流星群不発
ふたご座流星群不発  昨日、貸し付けてくれるSONYのカメラで撮影するというふたご座流星群撮影ツアーに参加して外房海岸、いすみ市の夫婦岩での撮影。  何十枚もメクラ鉄砲を撃つように乱写してその中に一枚でも流れ星が写っているのがあればラッキーという心もとない撮影である。冷たい風が吹く中18時から20時半まで合わせて480カット撮影したが、一枚だけ放射状に流れる流星らしきものが写っているのがあるが、残念ながらはっきり流れ星と断定できるカットは無し。23時50分帰宅の残念撮影会であった。でも天気予報では曇り空で危ぶまれ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/14 11:35
NHK学園生涯学習写真展
 今から11年ほど前、写真を始めたころ、NHK学園の通信講座を受けたことがあり、受講生と一般を対象に毎年全国規模の写真コンテストが行われている。入選作品が東京ミッドタウン富士フィルムフォトサロンの写真展に展示される。当初2回ほど応募したが、その後ご無沙汰していたが、今年どうゆう風の吹き回しか応募勧誘のチラシが入って来た。たまには付き合うかと、羽田空港出発便の航(光)跡を撮った写真(11/17当ブログに掲載したもの)で応募したところ入選の知らせがきた。応募料(審査料)と出展料合わせて17,000円... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/11 17:25
「戦争まで〜歴史を決めた交渉と日本の失敗〜」
 東京大学文学部教授、歴史学者である加藤陽子さんが中・高校生に6回にわたって講義した内容を一冊の本にまとめた「戦争まで」朝日出版社を読み終える。奇しくも今日は12月8日日米開戦の日である。加藤さんは、世界が「日本に「どちらを選ぶのか」と問いかけた交渉事が3度あったとし世界が日本に示した選択肢のかたちと内容を、それに対する日本が対置した選択肢のかたちと内容・対応を再現している。3度の交渉事とは、1.1931年9月関東軍の謀略によって引き起こされた満州事変に対するリットン報告書を巡っての交渉、2、1... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2017/12/08 17:53
大吟醸まとめ買い
大吟醸まとめ買い  新聞広告で大吟醸酒5本で9800円というキャッチフレーズの誘惑に負けて購入。これで年末からお正月にかけてのお酒の準備ができた。妻からくれぐれも飲み過ぎに注意との厳命くだる。でも飲みたくなるようなおかずを造らないでくれよ!こちとらは意志強固にあらず! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/02 18:12
富士山と星の軌跡撮影
富士山と星の軌跡撮影  昨年、伊豆半島大瀬崎での富士山と星の軌跡を撮りに行った帰途にバスの中から見つけた同用写真を撮影するのに絶好の宿(宿の部屋から撮影可能と見た)に行くチャンスを狙っていたのだが、天候と月の満ち欠けの具合と宿の空きがうまくコントロール出来た24日、25日出かけてきた。  天気は絶好で星は十分に出ているが、月の入りが21時過ぎ。航空機が飛ばなくなる真夜中は月あかりが無くなり富士山の姿が写らなくなってしまったのが大誤算。そこで奥の手、星の光の軌跡を比較明合成した画像に更に明け方近くなって撮った富士山の... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/25 19:02
夜空に現れる光路を撮る
夜空に現れる光路を撮る  昨日、城南島海浜公園から羽田空港を離陸する飛行機の明かりの軌跡を撮りに出かける。 お天気はまあまあ、北風びゅうびゅう、この条件では出発便は北に向かって離陸するはずだからC滑走路から飛び立つと予想して城南島海浜公園からその航跡を捉えることができるだろうと日没30分くらい前に現地着。時折離陸する飛行機の位置を確認しながらカメラをセットし日没後1時間ほど17時半から撮影開始。でも着陸機はC滑走路の南方向から頻繁に下りて来るものの離陸便がなかなか現れない、一方はるか遠くのD滑走路(東西系)からは盛ん... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/17 16:39
義弟他界す
何年か前に胃を全摘して食が細くなりながらも元気でいた義弟が食道にも癌が転移していたことが分かり手術することになっていたのだが、肺も具合悪くなり9日急遽入院するも10日夕刻急逝した。妻はこの6年間の間に母(96歳)・父(102歳)・弟と立て続けての不幸に見舞われる。両親が長寿だったので「長寿の家系だね」と云っていたのだがちょっと早いお別れであった。でも悪いことばかりではない、この間に二人の息子が相次いでよき伴侶を得て、来春には初孫が誕生するとのこと。男の赤ちゃんだったらと自分の名前の一字をとって命... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/15 10:10
奥多摩鳩ノ巣渓谷の秋を愛でる
奥多摩鳩ノ巣渓谷の秋を愛でる  好天に誘われて鳩ノ巣渓谷を歩いて来た。青梅線鳩ノ巣駅から国道を横断して急坂を下り渓谷へ、先ず吊り橋の上から撮影開始。ネット紅葉情報では「見頃」となっていたが、紅葉が進んでいるのか遅れているのか判然とせず、まだら模様であまりパッとしない。川面まで下り撮影しながら渓谷に沿って上流へ向かう。およそ500メートル先急階段を休み休み登って白丸ダムへ。このダムには思い出がある、東京都交通局の発電用ダムで昭和37年、55年も前のこと、工事中のこのダム(確かコンクリート打設が1/3くらい進んでいたころ)で人手... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/06 22:31
「レイテ戦記」読了
「レイテ戦記」読了  大岡昇平著「レイテ戦記」を読み始めたのは終戦(敗戦)記念日前後の8月半ば、毎晩寝床に入ってからの読書で少しずつしか読み進めない。何しろ文庫版上中下合わせた1300ページ余の長編大作である、昨日ようやく読み終える。呆れるほどの客観的な正確さと詳細さを追求した戦争の歴史・戦記ではあるが生き延びた軍人たちが書いた戦記などとは違って著者自身の従軍体験を軸として書かれた精密な記録であり、「永遠に慰められることのない」死んだ兵士たちへの哀悼と共感と同情が凝縮されている。舞台となったレイテ島は、昨年訪れたセ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2017/11/04 13:10
原岡桟橋の夕景を撮る
原岡桟橋の夕景を撮る  台風一過、この秋一番の晴天となった昨日、12時に家を出て房総半島館山の少し北にある原岡海岸へ。お目当ては、美しい夕焼けとシルエットで浮かび上がる富士山と陽暮れると裸電球がともる木製の桟橋が醸し出すレトロな情景。内房線富浦駅に着いたのがまだ日の高い1515、15分ほど歩いて海岸に出るとお目当ての原岡桟橋が現れる。今日の日没は1654、それまでどこから撮ったらよいかうろつきながら時間を潰す。4時半ごろからぼちぼち撮影開始すると、地元の人らしき人が、「先週日曜日の台風で電線ともども破壊されてしまって... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/27 18:47
三越劇場で観劇
 前進座十月公演 山本周五郎原作「柳橋物語」を妻に誘われて観てきた。 柳橋芸者の話かと思っていたがそうではなく江戸下町の大工職人二人に想いを寄せられた研ぎ職人の孫娘のちょっとした行き違いや誤解による思いもよらぬ運命の変転と葛藤の物語であった。役者さんたちの熱演ぶりには拍手を送ることにやぶさかではないが、私はこの手の話はどうも好みではない。冷たい雨のなかを出かけて5時間も費やすほどの価値は残念ながら無かった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2017/10/19 22:37
写遊写真展終わる
 所属している地元写真クラブ「写遊」の作品展(10/6-12、銀座数寄屋橋)が昨日無事終了。会期はたった一週間で、当番日が2回なれど久しぶりに逢う友人たちと食事&一杯やるってことでそのほかの日も出かけて結局5日間の出勤?となった。この一週間に会社のOB会や孫たちの誕生会も重なって都合5日も外でお酒を飲み続けることになった。昨夜は打ち上げで皆で飲んだ後、ほっとしたこともあって帰宅してからもまた独酌、さすがに今日は飲み疲れゆっくりと過ごす。  拙い写真にも拘わらず、私のお客さんは〆て45人もの多勢... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2017/10/13 15:40
四人まとめて誕生日会
 9.28(孫2号)、10.01(息子の嫁さん)、10.04(孫1号)、10.14(妻)と誕生日が集中した四人まとめての誕生日会を開くというので息子の家に行ってきた。  偶然だが我が家族総勢7人のうち女性4人の誕生日が9月末から10月前半に集中、残りの男性陣は息子11月、私1月、孫3号5月と単独での誕生日を祝って貰えるのに比し、女性4人には不公平かと思いきや意外とそうでは無い、皆でのプレゼント交換会の様相を呈し羨ましいくらい賑やかの誕生日会であった。息子が腕を振るった「タイ風春雨」「鶏肉のクリ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/09 22:32
ピカピカのガスコンロ
ピカピカのガスコンロ  我が家に新しいガスビルトインコンロ。 一週間前頃からガスの点火が不調になる、乾電池収納スペースがさび付いていて経年劣化、全とっかえしなければならないことになった。まだ8年くらいしか使っていないのに!最近の工業製品はいろいろな電子機器が付いていて便利な機能が沢山組み込まれていて便利な反面、一か所でも具合が悪くなると修理ではなく全とっかえと云うことになる、器具は「シンプルisベスト」であると思うのは老人になった証なのだろうか?  新しいガスコンロは、自動でご飯が炊けたり、麺類も自動でゆで上げる... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/04 16:05
宝永火口草紅葉
宝永火口草紅葉  夜行日帰りで「足柄峠より御殿場の夜景と富士山、太郎坊より富士山と星の軌跡、宝永火口の草紅葉」という欲張りな撮影ツアー(参加者8人の小規模グループツアー)に参加。  21時新宿を出るときからすでに雨がざーざー、前半の夜景と星空撮影は全く不可、ただその場所に車を止めて「ここから富士山が見えます云々」の説明だけ。午前2時過ぎ、新五合目駐車場に到着、5時まで車の中で仮眠。ここは標高2500m、さすがに冷気が車の中に侵入してきてジャケットと合羽を着た体にも寒さを感じ、おしっこをもようしたり5時までの難... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/03 23:25
大正大学「光とことばのフェスティバル2017ひらく」
大正大学「光とことばのフェスティバル2017ひらく」  9月22日(金)大正大学巣鴨キャンパスで、5000機を超える竹灯籠の光で初秋の夜を彩るイベントが開かれというので出かけてみた。当日は昼過ぎから雨が降ったりやんだりの生憎の天候。行くか行くまいか迷ったが夕刻5時半過ぎどんよりした黒い雲が空を覆っているが雨は止んだ。合羽を着てカメラをビニール袋にくるんで自転車で出かける。ちょうど開始時間の18時ジャスト到着。守衛さんに自転車置き場を聞いて構内へ入る。表門から入ってすぐ右手が会場。”光とことばのフェスティバル”と云うが”ことば”の意義がどこに表現され... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/09/23 08:53

続きを見る

トップへ

月別リンク

ひねもすのたり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる