ひねもすのたり日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 広島原爆記念日

<<   作成日時 : 2006/08/06 23:12   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

今日はヒロシマの原爆の日。テレビで平和式典を見た。

本や映画などで知った,61年前,原爆が広島に落とされた時の様子を思い浮かべ想像を絶するすさまじさ,被災者とその家族の痛み・苦しみ,絶望,無念さがいかばかりであったかを思う。
8時15分。
幼児の頃被爆し,平成元年,”がん”に侵され,若くして逝った友の元気だった頃の姿を瞼に浮かべながら黙祷した。

広島の秋葉忠利市長の話は今年もすばらしかった。

広島平和宣言2006(平成18)年8月6日(中国新聞より)
 
 放射線、熱線、爆風、そしてその相乗作用が現世の地獄を作り出してから六十一年――悪魔に魅入られ核兵器の奴隷と化した国の数はいや増し、人類は今、全ての国が奴隷となるか、全ての国が自由となるかの岐路に立たされています。それはまた、都市が、その中でも特に罪のない子どもたちが、核兵器の攻撃目標であり続けて良いのか、と問うことでもあります。

 一点の曇りもなく答は明らかです。世界を核兵器から解放する道筋も、これまでの六十一年間が明確に示しています。

 被爆者たちは、死を選んだとしても誰も非難できない地獄から、生と未来に向かっての歩みを始めました。心身を苛む傷病苦を乗り越えて自らの体験を語り続け、あらゆる差別や誹謗・中傷を撥ね返して「他の誰にもこんな思いをさせてはならない」と訴え続けてきたのです。その声は、心ある世界の市民に広がり力強い大合唱になりつつあります。

 「核兵器の持つ唯一の役割は廃絶されることにある」がその基調です。しかし、世界政治のリーダーたちはその声を無視し続けています。十年前、世界市民の創造力と活動が勝ち取った国際司法裁判所による勧告的意見は、彼らの蒙を啓き真実に目を向けさせるために、極めて有効な手段となるはずでした。

 国際司法裁判所は、「核兵器の使用・威嚇は一般的に国際法に反する」との判断を下した上で、「全ての国家には、全ての局面において核軍縮につながる交渉を、誠実に行い完了させる義務がある」と述べているからです。

 核保有国が率先して、誠実にこの義務を果していれば、既に核兵器は廃絶されていたはずです。しかし、この十年間、多くの国々、そして市民もこの義務を真正面からは受け止めませんでした。私たちはそうした反省の上に立って、加盟都市が千四百三に増えた平和市長会議と共に、核軍縮に向けた「誠実な交渉義務」を果たすよう求めるキャンペーン(Good Faith Challenge)を「2020ビジョン(核兵器廃絶のための緊急行動)」の第二期の出発点として位置付け展開します。さらに核保有国に対して都市を核攻撃の目標にしないよう求める「都市を攻撃目標にするな(Cities Are Not Targets)プロジェクト」に、取り組みます。

 核兵器は都市を壊滅させることを目的とした非人道的かつ非合法な兵器です。私たちの目的は、これまで都市を人質として利用してきた「核抑止論」そして「核の傘」の虚妄を暴き、人道的・合法的な立場から市民の生存権を守ることにあります。

 この取組の先頭を切っているのは、米国の千百三十九都市が加盟する全米市長会議です。本年六月の総会で同会議は、自国を含む核保有国に対して核攻撃の標的から都市を外すことを求める決議を採択しました。

 迷える羊たちを核兵器による呪から解き放ち、世界に核兵器からの自由をもたらす責任は今や、私たち世界の市民と都市にあります。岩をも通す固い意志と燃えるような情熱を持って私たちが目覚め起つ時が来たのです。

 日本国政府には、被爆者や市民の代弁者として、核保有国に対して「核兵器廃絶に向けた誠実な交渉義務を果せ」と迫る、世界的運動を展開するよう要請します。そのためにも世界に誇るべき平和憲法を遵守し、さらに「黒い雨降雨地域」や海外の被爆者も含め高齢化した被爆者の実態に即した人間本位の温かい援護策を充実するよう求めます。

未だに氏名さえ分らぬ多くの死没者の霊安かれと、今年改めて、「氏名不詳者多数」の言葉を添えた名簿を慰霊碑に奉納しました。全ての原爆犠牲者の御霊に哀悼の誠を捧げ、人類の未来の安寧を祈って合掌致します。

二〇〇六年(平成十八年)八月六日
広島市長 秋葉忠利



 夜,TVで「劣化ウラン弾」を見た。
放射線被曝によって健康被害を発生させる,実質的に小型核兵器と(わたしは)考える劣化ウラン弾を,アメリカは,湾岸戦争(1991)・コソボ紛争(1999)・イラク戦争(2003)で使い続けている。ベトナムでは,枯葉剤,そして今度は劣化ウラン弾と非人道的兵器を世界中で使い続け,未来の世代へ負の遺産をまき散らすアメリカって国は恐ろしい国だ。

 南米では,最強国アメリカの意のままにならない国が増えているという。ひょっとすると2001年からの10年間が,米国の勢いが下降局面に入った時期であったと後世の史家が記すことになるかも知れない。 「 奢れる者も久しからず・・・」という言葉が現実味を帯びて頭をよぎる。

劣化ウラン弾 被曝深刻 (中国新聞)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
アメリカは一度も本土爆撃をされたことがない国です。痛みなしで太ってきた国に、他国の痛みは分からないんじゃいでしょうかねぇ。
大らかで、ケースバイケースの規則に縛られないところはいいけれど、自分のやり方が1番と思い上がっているようなところ、他に強要するようなところは、どうも好きになれないです(^^;)
香り水仙
2006/08/08 22:50
広島原爆記念日 ひねもすのたり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる