体調絶不良

 1月の半ばころから両手指先に痺れ・感覚麻痺症状が現れる。風邪を引いて掛かった近所の医者のご託宣は頸椎から来ているようだといって
ビタミン12を補給するメチコバールという薬を処方してくれる、痛み痺れが和らぐというが20日ほど服用するもほとんど効果はないというよりむしろ症状が進んでいる。シャツのボタン掛け・箸使い・筆使い・キーボード打ち・耳かき・爪切りなどなど指先を使う動作に大きな障害がでている。
カメラのシャッター押しもスムースに行かないほど手持ちでの撮影は極めて困難な状態に至っている、このままだと趣味としてきた写真撮影も断念せざるを得ないことになるかもしれない。悪い事は重なるものなのか、持病の脊柱管狭窄症による右足底部の痛みも以前よりひどくなり少しばかりの歩行でも疲れてしまうことが頻繁となる。指の痺れについては九段坂病院のN先生に診て貰うことにした、が予約がいっぱいで最短でも3月13日まだ3週間も先だ。ついこない80歳を元気に迎えられたとひと息ついていたのに急転直下の体調絶不良に陥ってしまった。このブログを書くのも
難事である。

この記事へのコメント

香り水仙
2020年02月21日 00:39
お久しぶりです
痛いのは本当に辛いですね…私も2年ほど前から手足の指先のしびれと痛みで整形を受診し、リリカと痛み止めを処方されています。ペットボトルの蓋や菓子袋も自分で開けられないのは情けないですが、痛みの我慢には厳しいものがありますね~。痛みは日によって違うのですが、何をしてもしなくても痛い時は鎮痛剤が効くまで待ち長くて…
昨日は、手指の痛みの治験を受けるべく事前検査を受けてきました。こちらはイソフラボンのサプリです。私も脊椎、首と腰の2か所が怪しいとの事です。マッサージもした方がいいと接骨院の先生に言われて、朝起きた時にむくんだようなぎこちない感覚を、両手の指先を組んで波打たせるような運動でほぐしています。

どうぞお大事になさってください。


おじい
2020年02月25日 13:12
 お話し大変参考になります、有り難うございます。だんだん痺れ・感覚麻痺がひどくなりつつあります。一昨日は、家の鍵を入れた小銭入れをズボンのポケットに戻した筈が、ポケットに収まらず落としてしまうとという事件が発生。家に着いて気が付きすぐに巣鴨駅近くの駐輪場に戻り幸い地面に落ちているのを発見、事なきを得ました。家でも箸はよく落とすし茶碗やコップを落としそうになることがしばしば。高価なグラスやカップは使用しないことにしています。脳こうそくなどで半身不随となるよりはまだましなのかなと思うしかありませんね!
姪ーる
2020年06月09日 10:20
 60日、更新がないと広告が消えないとのこと。コメントを書いたらどうかな。
 退院 おめでとうございます。でも今はブログを書くまでに至らないのでしょうか。