頸椎手術からちょうど一年

 今日は3か月ごとの診察で九段坂病院へ、ぴったり手術日から奇しくもちょうど一年経った同じ日である。
いつもは往きはタクシーを利用していたが初めて地下鉄で向かう。朝のラッシュアワーを少し過ぎた時間なれど乗り替え駅
飯田橋まで10分ほどは立ちを覚悟していたが意外と空いていて幸い座席を譲ってくれた親切な方がいてホッ!
 9時過ぎ先ずはレントゲン撮影、それからがなが~い待ち時間、名医の診察を受ける人が多いのか、2時間近く待っての診察。
階段の登り降りは手すり無しで出来るか?ボタン掛けは?・杖は使わないか?箸を使えるか?排泄の具合は?首の上げ下げ状態は?最近の心身の状態は?などなど事前問診表に回答してあるので、診察はすぐ終わる。会計を終えて病院を出たのが12時過ぎ。ここまで来て、お濠のサクラを見て行かない手はないとちょっと寄り道、九段下交差点から田安門方向へ向かう。結構な人で混雑していてコロナ禍対策のためか交通整理の人があちこちに立っている。朝駅に着いた時から正装した若い女性が目立つので何かイベントでもあるのかと思っていたが「明治大学」と書かれた札を見て納得、武道館で明大の卒業式が行われたようである。九段坂の途中「昭和館」の先に格好の小さなスペースがありそこから牛ケ淵の満開サクラを眺める。昨年は病室から手術前の3日間ほど不安がよぎるなかで眺めた事を思い出す。コンパチデジカメを持って来なかったのでやおら普段はとんと使わない携帯のカメラで写真を撮るも操作に慣れていなかったり明るすぎて液晶画面が見え難く変な写真ばかりしか撮れていなかった。
IMG_20210326_113456.jpg

この記事へのコメント