テーマ:園芸

観音竹の花が咲く

 家の裏手の狭い空間にほったらかしにしているカンノンチク、妻が花が咲いているのに気が付いて教えてくれた。カンノンチクは20~30年に一度開花するという珍しい観葉植物。10数年前になるか以前に一度咲いた記憶がある。この樹木は福を呼ぶと云われて縁起の良いヤシ科の植物だそうだ。今年はよい事があるかな?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柿の実 収穫

 今年、我が家の柿の木は紅葉がとても綺麗であったが早12月、毎日の落ち葉の片づけが大変! 大分樹上の葉っぱも落ちて熟した柿の実がカラスの絶好の餌となりそうなので、鳥たちにに少しだけ残してして収穫することにした。数は40個ばかりとやや少ないがサイズが実に大きな甘柿である。隣近所に少しずつおすそ分けしてゆく秋を楽しんでもらうこととする。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴーヤ収穫

 実が大きくなるのを待っていたのだが、昨日ふと見ると本来緑色であるゴーヤの実がけばけばしい橙色になってしまっていた。熟しすぎてふやけてしまった感じである。実があまり大きくならない種類なのかもしれない。  小さなものも含めて残っていた3個ばかりをもぎ取る。さてどうやって食するか? 本来は陽除けのグリーンカーテンになってもらうために育てた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さなゴーヤの実がつく

 ゴーヤが小さな実をつけた。5cmくらいが一つ、2~3cm程度のが三つ実をつけているのを発見。 毎朝、毎晩水遣りを欠かさず大きくなるのが楽しみだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴーヤの花が咲く

  5月の半ばに種を撒いたゴーヤのツルがずんずんと伸びて、黄色い花を5つ6っ付けた。次は無事実をつけて大きなゴーヤが収穫で来ることを祈りつつ毎日の水遣りを欠かさないよう見守ることとする。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の梅はたったの二つ

 梅雨の晴れ間を利用して朝から庭に出て、午後5時過ぎまで草むしりに精を出す。 うどんこ病がひどいので数年前枝を大幅にカットした我が家の梅の木、毎年ちょっぴりだけど花を楽しみ、これまたちょっぴりだけ梅の実を収穫していたが、今年は実をつけずに諦めていたのだが、ふと見上げると二つだけ大きな実を見つける。来年はもう一回花を楽しませてもらってか…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

びわの実収穫

  びわの実がたわわに実った。今年は何故かカラスの餌にならずに済んだ。晴れ間を狙って妻が長い枝切りはさみを使って収穫。ちょっと酸っぱいが美味しく戴く。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

城山かたくりの里

 昨年3月23日、妻の階段転げ落ち事故のため、写真仲間と予定していた撮影会で行けなかった神奈川県相模原市の「城山かたくりの里」へ出かける。前日ちょうど満開となったとの情報を得たグッドタイミングである。往路電車の遅延で京王線橋本駅からの予定していた時刻の臨時直行バスに乗れず1時間遅れの到着であったが、たっぷり3時間咲き誇るかたくりの花を楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の到来告げる 福寿草

 4月並という陽気に誘われて北区立自然ふれあい情報館(十条仲原4清水坂公園内)の自然観察園で満開となったという「春の妖精」と呼ばれている福寿草を愛でに出かける。約150輪ほどが開花、落ち葉で埋まった茶色のキャンパスを鮮やかに彩っていた。これほど沢山の花がかたまって咲いているのは今まで見たことがない、見事である。花言葉は「幸せを招く」で縁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サクラソウの芽分け

 午前中、三田病院まで胃腸の漢方薬などの薬90日分を貰いに行く。帰りは駅から自宅まで歩くうちにひと汗掻かいてしまうほどの暖かさ、この暖かな日を無駄にはできない。午後は久しぶりに荒果てた庭にでて先ずはサクラソウの芽分けをすることにした。ひと冬過ごした全部で8個の鉢植えのサクラソウの芽を掘り出して同程度の大きさの芽を2~3芽植え替えする作業…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早起きは三文の徳(得?)

 朝寝坊が常習化している(9時までベッドでうつらうつらしていることもある)私、一念発起して厳しい暑さとならぬうちにと、早朝5時から庭に出て草むしり作業を敢行。昨日は5時起き、今朝は4時半起床、コップ一杯冷えた水を飲んですぐに作業開始。7時位までは少しヒンヤリした微風が爽やかに感じられ黙々とかつ快調に草むしり作業が進む。いったん朝食で30…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観音竹の花が咲く

 観音竹は原産地中国南部~東南アジアで常緑小低木ヤシ科、福を呼ぶ縁起のよい観葉植物として好まれている。我が庭に観音竹がいつ頃から植えられているのか詳らかではないが地中根の勢いがよくあちこちから芽を出すのでモグラ叩きではないがあまりはびこらないようにその都度根元から切り取るのを常としていた。そんな少し厄介ものと感じていたカンノンチクに花が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が家の紫陽花が満開

 庭の紫陽花が只今、満開! 去年は剪定し過ぎで花を付けなかった地植えの紫陽花を始め、鉢植えも今年は綺麗に開花、これと競うように庭のあちこちに飛んだホタル袋も満開で百花繚乱状態。先日汗みどろで二日間かけて行った草むしりの苦労が吹き飛ぶような感じの初夏の花々である。ところで写真クラブで私が当番幹事で多摩川台公園の紫陽花撮影会が15日に予定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

踊子草を撮りに赤塚植物園に

 ゴールデンウイーク最後の日、5月の爽やかな天気に誘われ、板橋区立赤塚植物園に出かける。お目当てはオドリコソウ、ヒメオドリコソウと私は思っている花は輪が庭に雑草の如く生えているが、オドリコソウは見たことがない。植物園の奥の方、本園と万葉薬用園とを隔てる一般道路際の一角に咲いていた、ちょっと盛りを過ぎたようではあったが、なるほど真っ白い花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界らん展を観る

 招待券を戴いたので、11日から開かれている「世界らん展日本大賞2017」を見に妻と東京ドームへ。素晴らしい蘭の花々に圧倒されるばかり、どうしてこのような花を咲かせるのだろうか!写真は日本大賞を獲得した蘭と雛段にしつらえた蘭。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅が満開

 ?遅咲きの我が家の梅が今日の暖かさで一気に咲き出した。 実はこの梅の木は,我が家のちっちゃな庭には不釣り合いなくらいな大きさになり,3年ほど前に太い枝を切り落とすという強力剪定を行った。程よく小振りになった枝にはその後も沢山お花が咲き,毎年豪華な春をプレゼントして呉れる。花は一週間ほどで散ってしまうのだが,6月にはもう一つのプレゼン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭の大木 プルーンの木を倒す

 家を建て直した際に植えたプルーンの木が18年を経て、根本幹径35cm、樹高8、9mほどになり我が家のちっちゃな庭にはふさわしくなくなりかつこののち剪定など世話をするのも容易ではなくなることが目に見えてきたので伐採することにした。まず昨年末に切り倒す。まず上の方にのこを入れ次に根本を切るという二段構えで倒す方向を慎重に調節しながら伐採。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 今年も柿を沢山収穫

 先週土曜日からこの木曜日まで珍しく外出予定が全くない5日間が生まれた。 そこで、今日は天気も良いことだし、朝から作業着に着替えて、ブロック+金網フェンスで出来た塀の緑化のために植えた蔦類を根こそぎにする作業を行った。植えてからもう15,6年が経ち、成長たくましい蔦類は隣家の敷地内まで侵入することがしばしばで、そのたびに梯子をかけるな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅を収穫

 関東地j方はまだ梅雨入りしてはいないがほとんど梅雨入り状態の今日の晴れ間を利用して梅を収穫、。一昨年に大枝を切り落として一本の枝だけ残したのだが、今年も結構な量と大粒の梅がなり梅酒を造ることする。朝10時ごろから梅を獲り、続いて玄関脇のうっそうと茂ってしまった高野槇と古木となってしまった柘植を抜く作業にかかる、幹と枝を切るのはそれほど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サクラソウ開花

 もう15年間も毎年毎年、我が庭の春を華やいでくれるニホンサクラソウの一番手が開花。これから続々と色とりどりのサクラソウが咲き出し楽しみである。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福寿草開花

 我が家の地植えの福寿が開花!昨年の開花日は2月25日、今年は9日早い開花である。ここの処、春が足踏みしているように感じられる寒さが続いてはいるが、この分では桜の開花時期も去年よりは1週間ほど早くなるものと素人判断するが如何だろうか? 
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は一日中雑草むしり

 お盆前に、庭の雑草刈をやったのだがそれから約2か月、草ぼうぼうとなっているのを気にはしていたのだが、8月の暑さでは作業する気にはならずほったらかしにしていた。少しだけ暑さも和らいできたので勇を奮って草むしりを敢行。朝10時から昼食休憩を挟んで暗くなる直前まで8時間近くの重労働で下着やシャツ。ズボンまで汗びっしょりとなる。ついでながら、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茗荷の花が咲く

  10年以上も前に、庭の隅に植えた茗荷に初めて花が咲いているのを妻が見つけた。 殆ど陽が射さない場所なので、本体自体が消滅しそうな状態が続き、ほったらかしにしていたのだが、初めて花をつけ根元にかわいらしい茗荷の実が出来ていた。   茗荷は夏から秋にかけて、 根元近くで花穂を出しこの花序と若い茎が食用となる。ずっと昔、母がお盆で実家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅の実を収穫

 梅雨の一休み日を狙って梅の実を捥ぐ。今年の我が家の梅は、小粒ながら数が多い。買い求めた本格農家が栽培した梅(写真後方)と合わせて、12,3kg、妻が美味しい梅干しと梅ジュースを作ってくれる。楽しみだ。  作業着に着替えたついでに、前回やり残した草ぼうぼうとなっている庭の一角の草むしりにかかる、汗びっしょりになって水分補…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福寿草が咲いた

 遅咲きの我が家の福寿草が開花した。先だっての2週連続の大雪に閉ざされ、地面からちょっぴり顔を出していた芽も、今日の暖かさで一気に背を伸ばし今年も鮮やかな黄色を見せてくれている。地植えなので毎年芽が増え、今年は17本もの芽が開花にむかって待機している。全部の満開となったらさぞかし豪華だろう。 
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サクラソウの芽分け

 午前中、暖かかったので庭に出てサクラソウの芽分けをした。昨年の4月からほったらかしにして、固くなった土を鉢から取り出し、小さな芽を出しているサクラソウを切り分け新しい土を入れた鉢に植え付ける作業である。合計7っの鉢を植え替えるのにおよそ1時間半、余った芽は地植えにして終了。4月半ば以降に赤・ピンク紫・白など可憐な花を咲かせてくれるのを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柿を収穫

 今朝、外に出ると、カラスが何羽も我が家の柿の実を狙ってたむろしている。すでに10個ちかくの実が突付かれているので、まだすこし硬い実ではあるが、これは溜まらんと収穫することにした。今年は甘柿の方が摂れ年で大きな実の柿が沢山とれた。一方、渋柿の木は昨年に引き続き今年も実りが少ない、あわせて10個ばかり干し柿にしようと思っている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金木犀の香り

 今朝、窓を開け放って朝食を摂っていると、かすかな金木犀の香りが漂ってきた(高浜虚子に「木犀の香にあけたての障子かな」の句がある)。10月半ばだというのに、生暖かい風が引き込み、汗さえ出てきそうな変な天候ながら、自然は確実に秋を運んできていることを感じる。我が家の植木の中で一番日当たりの悪い北側の隣家との境界に立つ「金木犀」が気付かない…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

館野泉フェスティバル「左手の音楽祭」

 忙しいけど、充実したかつ楽しい1日であった。 朝6時半から庭に出て、先々週からブロック分けしてはじめた草むしりの最終回、お彼岸を前にあまりにも草茫々となった庭や鉢植えの草むしりと整理作業開始。朝食を挟んでおよそ4時間奮闘し、何とか明日やってくる姉や姪、孫達にむさくるしい思いをさせないで済みそうな程度に出来た。が、まだ裏手の方にし残…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more